上野動物園パンダ「子作り」の兆し!シンシン・リーリーとも恋鳴き

印刷

   「○○ 子作りへ」。もし人間の夫婦にこんな見出しやキャプションをつけたら、BPO(放送倫理・番組向上機構)から苦情が来るかもしれないが、相手が動物ならば別だ。

   「スッキリ!!」が東京新聞の記事をもとに伝えるところでは、東京・上野動物園のジャイアントパンダが発情の兆しが見られるという。最初にメスのシンシン、続いてオスのリーリーが恋の相手を求めて「恋鳴き」をしているそうな。そう聞いて、「おー、いいね、いいね」と、コメンテイターのテリー伊藤も手を叩いて喜ぶ。

妊娠のチャンスは春の2週間

   パンダは妊娠、出産の機会(時期)が人間にくらべてごく限られており、妊娠のチャンスは春の2週間ぐらいしかない。昨春(2012年)はその奇跡が起きて、めでたく赤ちゃんが誕生したものの、すぐに「さみしい結果」(テリー)となってしまった。今回は無事生まれてしばらくまでは、「スッキリ!!」も静かに見守ることになるのだろうか。

いいね
文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中