「衆院選違憲判決」なぜ無効にしないのか!?裁判所ナメきってる国会議員たち

印刷

   昨年(2012年)12月に行われた衆議選の「1票の格差」をめぐる裁判で、東京高裁はきのう6日(2013年3月)、「違憲」判決を言い渡した。格差是正の時間があったにもかかわらず、「違憲状態」のまま選挙が行われたことは「看過できない」と国会の対応を強く批判した。

   去年の衆院選で最大の格差となったのは、千葉4区と高知3区だ。千葉4区は議員1人選出に有権者約50万人、高知3区では約20万人で、その差は2.43倍にもなる。

何だったのか!「やりましょうよ」(野田首相)、「約束します」(安倍総裁)

   昨年11月の党首討論を振り返る。当時の野田佳彦首相が「今週末の16日に解散してもいいと思っています。ぜひ国民の前に約束してください」と迫ったのに対し、安倍晋三自民党総裁は「私たちはまずは0増5減、これは当然やるべきだと思います。今、この場でしっかりやっていくと約束しますよ」と力強く応じた。

国民の意識の問題

   たしかに0増5減の法律は成立したが、具体的作業が間に合わず、違憲状態のまま選挙に突入した。原告側は選挙の無効を求めていたが、是正が期待できることや弊害が大きいことも考慮して却下された。

   司会の羽鳥慎一「違憲だけども無効ではない。これはどうですか」

   コメンテーターの松尾貴史(タレント)「ギリギリ、もうここでラストチャンスですよと裁判所がいっている気がします。次は無効にしちゃうよ、というところまできている」

裁判所も我慢の限界…「違憲状態」から「違憲」へはっきり命令

   小松靖アナがこれまでの経過を解説する。「2009年8月の選挙について、2011年3月に最高裁が『違憲状態』と判断しました。昨年末の選挙についてきのう東京高裁が『違憲』としました。違憲状態から違憲へと一歩踏み込んだ判決となりました。勧告から命令へと意味合いが一段と強まったことを意味します」

   元最高裁判事の泉徳冶氏も「是正しなければ次は選挙無効もあり得るという非常に強いメッセージになった」という。コメンテーターの玉川徹(テレビ朝日ディレクター)は「日本は三権分立なのに、裁判所がこれまで無効といってこなかったこと自体、僕は悪いと思う。それをずっとやってこなかったから、政治の方が裁判所をなめてかかって変えないできた」と、裁判所の事情判決を批判するる

   高木美保(タレント)「裁判所の責任だけではないと思いますよ。1票の格差に対する国民の意識が高まってきていなかったじゃないですか」

   裁判所や国会を批判するだけでは始まらないということだろう。選挙の時に投票に行くだけで、後は丸投げという有権者の姿勢が政治家を甘やかしてきた。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中