秦佐和子SKE脱退「改めて声優の道を目指します」

印刷

   SKE48の秦佐和子(24)は3月7日(2013年)の公演で脱退を発表、ブログでは「もう一度一から勉強し直して、改めて声優の道を目指すことに決めました」と語った。

   もともと声優志望で、「SKEの中で有り難いことに色々な声のお仕事を頂いて、その上で自分の力不足、今のままでは声優になんてとてもなれないという現実をつよく感じていました」という。「漠然とこのままだと、数年後には皆さんと一生さよならするときが来てしまうなと」と決心した。「私にとってSKEは夢へと歩き続けさせてくれた橋のような存在でした。今、その橋を渡りきって一人で歩き出す時が来たのだと想います」と語っている。

   また、同じく声優を志望して3月6日にAKB48を脱退した仲谷明香(21)は「いつか現場で会えるように、あたしがまず頑張らなくちゃ!」とメッセージを送っている。

   秦は2009年、SKEに加盟。AKB48の総選挙でも25位に入る活躍をしていた。アニメ「AKB0048」ではメインキャラクターの声優を務めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中