2018年 7月 18日 (水)

デーブ・スペクター「日本が明るくなるなら」ダジャレツイート続けます

印刷

   テレビプロデューサーでタレント、コメンテーターなども務めるデーブ・スペクター(58)は東日本大震災直後からツイッターでダジャレを書き続けている。震災から2年を迎えた3月11日(2013年)も、「少しでも笑顔がこぼれるように僕はこれからもギャグをTweetするつもりです。例え笑い者になっても、それで日本が明るくなるなら嬉しいので」と語った。

   デーブは震災翌日に「こういう時こそ、オチが付く=落ち着くことが大切です」と投稿。以降、「首脳陣が責任のがれをしている会社→逃電」と風刺を効かせたものや、「家で仕事する韓国人→在宅キム」「中国の朝ドラ→おせん」などダジャレツイートを続けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中