黄砂のピーク4月!危ない中国・重工業地帯通ってくるタイプ3「大気汚染型」

印刷

   5日(2013年3月)に中国甘粛省で観測された砂嵐が、西日本から北陸まで広範囲に日本列島に到達していた。おととい10日の熊本市内はもやがかかったような状態で、3日連続の黄砂だった。有害微粒子PM2.5の濃度は一時、1立方メートルあたり82マイクログラムと環境基準の2倍以上になった。車に黄砂がへばりつき、子ども病院に来る患者も増えた。ドラッグストアでは1枚400円のマスクが売り切れた。

有毒な硫黄酸化物や鉛などが付着

   熊本大の小島知子准教授は9、10日と微粒子を採取した。黄砂も汚染物質もあったが、その量は1日のうちでも大きく変化していた。0.3マイクロメートル という非常に細かい粒子は、10日午前は1リットル中20万個だったが、午後には80万個になった。「0.3マイクロメートルは汚染物質。硫酸塩とかすすの類いですが、黄砂にくっついて飛んできている」という。

予防はマスクだけ?

   鳥取大医学部の大西一成助教は2008年からモンゴル・ゴビ砂漠の黄砂を現地調査している。黄砂の飛来ルートは3つに分類されるという。タイプ1はゴビ砂漠から中国の北側を通ってくる。これは汚染物質は少なく主に黄砂。タイプ2は同じゴビ砂漠だが、中国の工業地帯を通って韓国から日本へ来る。汚染物質が混じった黄砂になる「混合型」だ。タイプ3は中国の黄土高原から重工業地帯を通ってくる「大気汚染型」で、 これが最悪。硫黄酸化物や鉛など汚染物質が多い。電子顕微鏡で見ると、黄砂にPM2.5がくっついていたり、PM2.5と同じくらいの黄砂もあった。

   司会のみのもんた「怖いね」

   気象予報士の森朗が解説した。冬の間は冷たい高気圧で抑え込まれていた黄砂が、春になって低気圧が発生して砂嵐として舞い上がり、それが偏西風に乗って飛んでくる。ただ、この先しばらくは黄砂はこないという。ピークは4月だ。

もともと日本にもあるPM2・5

   それよりも、おととい首都圏で見られた「煙霧」。黄砂と思った人も多かったが、黄砂とは別もので、ゴビ砂漠ではなく関東一円の土ホコリだ。 このところ雨が少なく、北関東では平年の10数%とか20%だったので、強風で舞い上がったということらしい。この日の午後2時ころ、東京のPM2.5の濃度は60マイクログラムを記録していた。

   森は「このPM2.5が中国由来かどうかはわからない。もともと日本にもあるから」という。そもそも、PM2.5の人体への影響はよくわかっていない。

   三屋裕子(スポーツプロデューサー)「マスクで予防するしかない?」

   森「そうですね」

   でもマスクを通っちゃうんでしょ?

   みの「中国ともかぎらないということですか」

   森「日本で発生しているものもあります」

   そうだ、日本には何だってあるんだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中