WBC決勝トーナメント左右する「日程とボール」侍ジャパンにはいずれも不利

印刷

   第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本(侍ジャパン)は決勝トーナメント進出を決めた。いよいよ3連覇をかけてアメリカへ渡ることになったが、コメンテーターの赤星憲広(元阪神タイガース外野手・野球評論家)が3連覇へ向けてのポイントを解説した。

日程開きすぎて気勢そがれる心配

   その前に日本は今夜12日(2013年3月)、2次ラウンド1位通過をかけてオランダと対戦する。オランダはきのうの敗者復活2回戦でキューバに7対6でサヨナラ勝ちを演じた。日本は6本の本塁打で16対4と7回コールドで勝った相手だが、油断ならない。

サラサラなんです

   司会の羽鳥慎一「オランダって強いんですね」

   赤星「どんどん力をつけてきていますね。キューバ相手にサヨナラ勝ちをしたので勢いがあります。でも、日本はオランダにいい勝ち方をしていますので、日本の方がまさっています」

   この試合で勝って1位通過するかしないかで、決勝トーナメントの戦いに大きな影響が出るという。赤星があげる3連覇のためのポイントのひとつに日程がある。日程の優位を勝ちとるためには、勝利が絶対必要というのだ。決勝トーナメントは「プール1」と「プール2」の2組あり、日本はプール1だ。1位通過なら決勝トーナメントの試合があるのは18日、2位通過なら19日となる。いずれにしても試合まで間があく。一方、アメリカなどのプール2は17日に1位、2位の決定戦を行い、勝って勢いに乗った状態で18日の決勝トーナメントに臨める。

   赤星「連戦の疲れなんてプロにとっては関係ありません。短期戦ですから、勢いに乗っている方が有利です。日本としては1日でも早く試合ができるよう、きょうのオランダ戦は何としても勝たねばなりません。そのためには、前の試合は結構打ちましたが、基本に戻ってコツコツ点をとる野球をしてほしいと思います」

乾燥したサンフランシスコで滑りやすい球

   アメリカへ渡ってもうひとつのポイントはボールだ。今回使用しているWBC球は、良く滑るので投手陣はみんな苦戦している。野球通の羽鳥が解説する。「日本で使っているボールにくらべ、サラサラなんですよね」

   赤星「そうです。アメリカ(サンフランシスコ)に行くと気候が乾燥しているので、日本よりもっとすべると思うですよ。この対応が1週間でできるかどうか。前田投手はマッチしているように見えましたが、田中、沢村ら他の投手はシーズン中とは違うような気がしました」

   いろいろ課題はありそうだが、だんだん盛り上がってきた。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中