NHK堀潤アナ「原発事故の事実をきちんと伝えられず、心から謝罪します」

印刷

   NHKの堀潤アナウンサー(35)は「自らあの日ニューススタジオにいながらそうした事実をきちんと伝えられなかったことに対し、心から謝罪します」と3月11日(2013年)にこうツイートした。「私たちNHKはSPEEDIの存在を知りながら『精度の信頼性に欠ける』とした文部科学省の方針に沿って、自らのデータを報道することを取りやめた。国民の生命、財産を守る公共放送の役割を果たさなかった。私たちの不作為を徹底的に反省し謝罪しなければならない」と震災当時の報道を問題視した。

   「僕らアナウンサーに『個人では色々思いはあるだろうけど、公の場では意見を言わないように』と局は求めます」と局内のやり取りも明らかにしている。

   堀アナは2012年3月に担当していた「Bizスポ」が終了すると、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校に客員研究員として留学。大学では原発事故のドキュメンタリー映画を製作した。4月(2013年)からNHKに復職し、「きょうの料理」を担当する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中