芦田愛菜「低調リメイク番組」救えるか?メガネもチャーミングに大人顔負けの知識披露
<快脳!マジかるハテナ>(日本テレビ系)

印刷

   「マジかる頭脳パワー」のコンセプトを受け継ぎ、昨年10月(2012年)に鳴り物入りでスタートした「快脳!マジかるハテナ」だが、かつての人気番組をリメイクすれば視聴者も食い付いてくるだろうという思惑どおりにはいっていない。番組開始以来、視聴率ヒトケタ台の壁が抜けられず低調が続いている。とはいえ、面白くないのかといえば、決してそんなことはなく、家族で楽しめるクイズ番組としてしっかり作られていて、見ればそれなりに面白い。
   この日は、高校中退の千原ジュニアVS京大卒ロザン宇治原の対立が見どころで、宇治原よりも早く正解した千原ジュニアは「ずっと勉強してはったのにねえ。僕はずっと遊んでましたけど」と宇治原をからかい悔しがらせていた。学歴不問、知識よりひらめきが勝負というのもこの番組の魅力になっている。
   学歴不問といえば、小学2年生の芦田愛菜ちゃんがオトナたちに混じってクイズに参加し、健闘していたのには驚いた。愛菜ちゃんは1か月に30冊本を読むとかで、漢字の問題も誰よりも早く答えてしまう。その愛菜ちゃん、本の読み過ぎかどうかは知らないが、この番組ではメガネを掛けていて、それがまたキュートだったりもする。
   愛菜ちゃんが参加していることで、子供も大人も一緒に楽しめるクイズというのをアピール出来ているとは思うが、果たして、愛菜ちゃんが番組の救世主になるかどうか。(放送2013年3月7日19時~)

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中