落としどころ決まってる自民党TPP騒ぎ!アリバイ作りの反対派、妥協前提の推進派

印刷

   きのう12日(2013年3月)午後、東京・日比谷公園で開かれた集会は異様な雰囲気だった。揃いのジャンパー姿に、鉢巻きには「TPP参加断固反対」とある。15日にも安倍首相が参加を表明するというので、農業者を中心とした最後のアピールだった。

民主党の前原議員追及「まさか妥協して交渉入りではないでしょうね」

   自民党内でも賛否が分かれる。これでおとといマンガみたいな光景もあった。TPP対策委員会の会合で、西川公也委員長(70)があいさつに立つと、尾辻秀久・前参院副議長(72)が「ちょっと待って、座んなさい」。これに西川が「命令調はないでしょ」といったら、いきなり「何が悪い」と怒鳴った。あとはもうむちゃくちゃ。「何だっていうんだ」「何がなんだ」「威張るなよ」「威張ってるのはそっちだろ」「大きな声出して」「そっちが大きな声出したんだろ」「ばかな、出してねぇよ」「出したじゃないか」

入り口で議論

   要するに、TPP反対の尾辻は「党内に異論があるのになぜ急ぐのだ」といいたいようで、「ここでやるべき話じゃない」「だから…」「静かにしろよ。この野郎。ほんとに」「声を張り上げるなっていったのアンタだろうよ」「おとなしくしてれば…」「それはこっちのせりふだ」

   反対派もおかしいが推進派もおかしい。おとといの衆院予算委でTPP交渉を担当していた民主党の前原誠司議員が、米側との自動車、保険でのやり取りをあげて、「これらは本交渉で農業とカードを出し合い交渉する中身だということで妥協はしなかった。まさか妥協して交渉入りではないでしょうね」と念を押した。

   安倍首相は「交渉の中身はいちいち出さない。国益を第1に」と答えたが、交渉入り前に交渉内容が新聞に出ている。実におかしな話だし、それをまたしれっと書く新聞も新聞だ。ここは前原のいうのが正論。まして、「交渉参加反対」なんて、交渉とは何なのかすらわかっているとは思えない。

安倍首相15日に参加表明。今晩13日「時間制限なし」対策委総会

   自民党は今夜8時(2013年3月)から、時間無制限でTPP対策委の総会を開いて、安倍への提言をまとめる。また怒鳴り合いになるのかどうか。安倍はきのうの衆院予算委で、「決まればみんな同じ方向を向く。ある意味自民党のいいところ」といっていた。

   司会のみのもんた「流れは決まってるみたいですね」

   慶応大教授の片山善博「決まってるんでしょう。表明前の手続き。15日に表明するなんて、だれがいったのか。(委員会の)出席者がすごく少ないのが印象的です」

   金融コンサルタントの逢坂ユリは「日本はもう周回遅れといわれる。これ以上遅れると今後に支障をきたす」という。

   みの「TPPについてじゃなくて、TPP参加についてどうのこうの」

   片山「最後は条約ですから国会が批准する。衆参でOKを出すかどうかがポイント。それまでに納得できる話を伝えられるかどうか」

   入り口でごちゃごちゃいってるなんて、世界がどう見てるか。少なくとも国際交渉がわかっているとは思われていないだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中