ローマ法王選出「コンクラーベ」舞台裏―妨害電波出して携帯・パソコン禁止

印刷

   次のローマ法王(266代)を選出する選挙「コンクラーベ」が始まった。最初の投票は日本時間のけさ13日(2013年3月)1時頃から始まり、サンピエトロ広場を埋めた群衆が固唾を飲んで見守る中、3時40分ごろに煙突から煙が出た。煙の色は黒。つまり決まらなかった。

枢機卿115人の3分の2の支持得るまで延々と投票

   ローマ法王は世界12億人のカトリックの最高位で、今回の選挙は枢機卿による未成年者への性的虐待や法王庁の内部文書流出などスキャンダルが続く中、ベネディクト16世が生前退位という異例自体を受けてのものだ。有力候補はイタリアのアンジェロ・スコラ枢機卿(71)、カナダのマルク・ウェレット枢機卿(68)、ブラジルのオジロ・シェレル枢機卿(63)、ガーナのピーター・タークソン枢機卿(64)は黒人だ。ヨーロッパ以外からとなると約1300 年ぶり、黒人なら史上初となる。

根比べ

   「コンクラーベ」とは「カギがかかる部屋」という意味で、投票権がある枢機卿がシスティーナ礼拝堂にこもって外界から遮断され、カギのかかった部屋で行われるので、こう呼ばれている。今回参加は115人だ。

   法王に選ばれるには、枢機卿の3分の2の支持を得なければならず、そこに至るまで投票が繰り返される。投票結果は公表されず、投票用紙はわらとともにストーブで焼かれる。その煙が黒ければ「未だ決まらず」、白ければ「新法王の誕生」となる。煙の色をはっきりとさせるために、薬品も加えられるという。

   投票は13、14両日、いずれも午前2回、午後2回行われ、決まらない時は15日を休んで次は16日に7回、以後休みをはさんで1日7回投票が計30回まで続く。それでも決まらないと、上位2人の決選投票となるのだそうだ。

新聞・テレビ禁止。移動できるのは投票場所と宿泊施設と庭だけ

   司会みのもんた「じゃんけんじゃないんだ」

   アナウンサーの加藤シルビア「違います。前回は4回、その前は8回で決まっています。過去100年の平均は7回で、3日以内に決まるのではと見られています」

   加藤が並べたコンクラーベの秘密が面白い。枢機卿が移動できるのは礼拝堂(投票場所)、宿泊施設、庭だけで、外部との連絡は遮断されて、新聞、テレビ、携帯電話、パソコンはすべて禁止で、通信を妨害する電波も出しているという。投票のおきてもある。投票を特定されないため、筆跡もわざと変えなければならない。

   枢機卿の数と信者数を並べてみると傾向がわかる。枢機卿の数では欧州60、中南米19、北米14、アフリカ11、アジア10だが、信者数では欧州は約2億8000万人で2番目。もっとも多いのは中南米の約4億7000万人で、北米は8500万人、アフリカ約1億7050万人、アジア約1億 4000万人となっている。信者の数では中南米、増加数ではアフリカが多いのだが、枢機卿は欧州が多い。そこで、「ヨーロッパ以外から選んだ方がいいのではないかという流れもでてきている」という。

   1268年には3年間決まらず、信者たちが業を煮やして、枢機卿を閉じ込め監禁したという。

   みの「何度も決まらないから根比べかと思った」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中