安倍首相TPPなぜ急ぐ?早く片付けて参院選までに冷却期間

印刷

   安倍首相が今週15日(2013年3月)にTPP交渉参加を正式表明するというので、自民党内が騒々しくなって来た。11日に行われたTPP対策委員会合同会議では、TPP対策委員長の西川公也衆院議員と尾辻秀久参院議員の怒鳴りあいのケンカまであった。

自民票田のJA集会に共産党委員長や社民党党首

   12日昼には東京・日比谷の野外音楽堂に、全国農協中央会(JA全中)など農業関係の8団体から約4000人が集まり、「TPP交渉参加断固反対」の集会を開いた。自民党の票田組織だが、珍しいことに、ハチマキ姿の共産党の志位和夫委員長や社民党の福島瑞穂党首の姿もあって、『断固反対!』の気勢を上げた。続いて自民党の石破茂幹事長が鉢巻なしで壇上に上がると、「ハチマキしろ!」の野次が飛び、「米、乳製品、佐藤、牛肉…。そういうものをはじめとする品目は必ず死守を」と挨拶したが、終始憮然とした表情だった。

消費者にとっては?

   安倍はTPP交渉参加を固めたのに、なぜいまさら自民党内でもめるのか。キャスター小倉智昭が「自民党内が真っ二つに割れていますが、どうなんですか」と田崎史郎(時事通信解説委員)に聞く。「(西川と尾辻のケンカは)自民党全体を現しているわけではなく、気の短い2人がぶつかっただけ。離党してまで反対という人はいないんです」

今晩13日にノンストップで賛否激突

   反対論、慎重論の多くは「なぜ交渉参加の表明急ぐのか」というものだが、田崎は「安倍首相は参院選までの時間を取りたいということでしょう。参院選までに傷を癒しておくには、早く表明したほうがいいと判断した」と見る。参院選は業界団体の票がものをいうからだ。「TPP交渉参加は民主党も維新の会も賛成、反対を言っているのは生活の党、みんなの党、共産党、社民党で、彼らと農協の体質は合わなくなる」とさめた見方をする。

   小倉「消費者という目から見たらどうなんでしょうかね」

   コメンテーターの黒川伊保子(感性リサーチ代表取締役)「もちろん安いほうがいいという本音もあるけれど、やはり食の安全のキープも大きな問題です」

   小倉「アメリカには食の安全はないの?」

   デープ・スペクター(テレビプロデューサー)「もちろんありますよ」

   13日午後8時から自民党のTPP対策委員会総会が時間無制限で開かれ、最終的な詰めが行われるという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中