渥美半島沖の海底メタンハイドレートから天然ガス!国内消費の100年分

印刷

   経済産業省はきのう12日(2012年3月)、愛知県渥美半島沖の海底にあるメタンハイドレートから天然ガスを取り出すことに成功したと発表した。海底からガスを採取したのは世界で初めてという。日本近海の推定埋蔵量は国内の天然ガス消費量の約100年分にあたるとみられ、日本のエネルギー確保にうれしいニュースだが、安定供給やコストの面で課題は多い。

「資源を買う国」から「自前で持つ国」に

   メタンハイドレートは「燃える氷」といわれる。メタンと水が結合した物質で、メタンが閉じ込められている氷が溶けるときにガスとして発生する。海洋研究開発機構の探査船「ちきゅう」が、水深1000メートルの海底からさら330メートル掘り下げたメタンハイドレート層から取り出した。この採掘現場だけで国内消費量の約11年分が見込まれるという。

   この成功でどんな可能性があるのか。「世界で初めて。これは画期的なことです」と喜ぶのはある自動車部品メーカーの社長だ。この会社は大手自動車メーカーの委託でガソリン車を天然ガス仕様に改造し、天然ガスの産出国であるタイに輸出している。天然ガス車の需要の拡大ともに売り上げを伸ばしているが、「海底の天然ガスがいよいよ採れることになれば、あとは商業ベースでいかに安くできるかという技術の問題。これからは確実に需要が伸びると思いますよ」と期待を膨らませている。

   独立総合研究所の青山繁晴社長は「資源を買えばいいという国から、資源を自前で持とうとする国に変わる。資源大国への階段をのぼりはじめた可能性が高い」と評価する。

問題は高い採掘コスト…いまは輸入の方が圧倒的安さ

   小松靖アナがメタンガスについて、「都市ガスと同じ成分ですから、家庭でそのまま使うことができます。ガソリンの代用として車の燃料、大型冷暖房施設、火力発電にも使えます」と説明する。メリット、デメリットは「燃やしたときに出る二酸化炭素の量が少ないので環境にはいいのですが、難点はやっぱりコストが高いということです。輸入天然ガスの方が圧倒的に安い。ただ、国としては5年後には実用化していきたいと言っています」

   コメンテーターの宇治原史規(お笑いタレント)「メタンハイドレートはクイズによく出るんです。資源が日本から出るということは、日本が根幹的に変わりますよね」

   萩谷順(法政大学教授)「きのうのニュースで関連の株が上がり始めています。パンダの赤ちゃんといい、このニュースといい、アベノミクスに追い風が吹いているなという感じさえします」

   小松「安倍晋三首相、もしかしたら持っているかもしれないですからね」

   そんなにうまくいくかどうか。

文   一ツ石
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中