対馬の盗難仏像返却拒否で韓国僧侶アポなし訪問!「返すのが先だ」(前住職)

印刷

   きのう14日(2013年3月)、韓国・釜山からの船で長崎・対馬にやって来たのは韓国の僧侶の一行だった。アポなしでいきなり観音寺を訪問したが、住職は不在だった。一行はお土産のマスコットを見せて、お経をあげて帰っていったが、訪問の意味がよくわからない。

バカにするな!マスコット仏像持って「参拝にやってきた」

   ことの発端は昨年10月(2012年)に対馬市内の県有形文化財に指定されている「観世音菩薩座像」(観音寺)、国の重要文化財「銅造如来立像」(海神神社)、「大蔵疆」(多久頭魂神社)が、韓国の窃盗団に盗まれた。合わせて約12億円の価値があるとされる。

仏様も困ってる

   日本政府の要請で、韓国警察は今年1月(2013年)に窃盗団を逮捕し、仏像なども回収された。ところが、観音寺の本尊「観音座像」について、韓国中部の 「浮石寺」が「仏像は韓国で作られたもので、不法に国外に渡った」「650年前に日本に略奪されたものだ」として、日本へ返還しないよう裁判所に訴え、裁判所がまた「はっきりするまで日本に引き渡してはならない」という仮処分を出した。

   そしてきのうだ。午前10時過ぎ、連絡船で韓国の僧侶がやってきた。「友好の証」として別の仏像や浮石寺のマスコット仏像なども持って来たが、「訪問の目的はとくにありません。参拝のためにやってきました」というが、アポなしだったため住職も不在で、山門前で経文を唱えてそのまま引き上げていった。「住職と話したかった」というのだが、いまひとつ訳がわからない。

ソウルの若者も「まずは返すべき。そのあとで交渉」

   観音寺の前住職・田中節孝氏は「略奪したとか、言いがかりもはなはだしい。会いたいんなら、盗まれたものを背負ってくるのがスジだ」と怒る。対馬の島民も「ふざけとるやん。盗んでいって返さないなんて」「返してもらいたい」という。

   ソウルでは「もともとわれわれのものだから、それを持って来たわけで、返還する必要はない」と泥棒の開き直りのような市民もいるが、「まずは返すべき。不法に盗んだものだから。そのあとで交渉すべきもの」とまともな声が少なくない。

   観音座像には「浮石寺 天暦3年」とあり、1330年に韓国で作られたことを示している。津島市の文化財課は「高麗仏だが、いつ来たかはわからない。窃盗団が盗んだものなので、持ち主に返してもらいたい」という。菅官房長官も「僧侶の方の意味がよくわからない」という。政府は目下、外交ルートを通じて返却を求めている。

   司会のみのもんた「仏様も困ってるだろうな。盗まれたのは事実なんだから、韓国の若者だって言っていた。まずは返せと」

   与良正男(毎日新聞論説委員)「ああいう意見は韓国内では報道されない。日本の話になるとこうなっちゃう。裁判所までが法律を曲げちゃう」

   尾崎弘之(東京工科大教授)「法治国家じゃない」

   みのが仏像の写真を見て「可愛い顔してるじゃない」

   一衣帯水の長い長い歴史だ。仏像がどう伝わったのかもさだかでない。出所だけで略奪だといい始めたら、日本の古い仏像の半分くらいは中国、朝鮮のものになってしまう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中