生活保護受給者パチンコ禁止!発見した市民はすぐ通報せよ―兵庫・小野市

印刷

   兵庫県小野市が生活保護受給者のギャンブル禁止条例案を議会に提出し波紋を呼んでいる。生まれ育った故郷という田中大貴アナが市長を直撃すると、返ってきた答えは「当たり前のことを当たり前にやろうというだけなんです」だった。

   ソロバンと家庭用刃物の生産で発展し、生活保護受給者の数は兵庫県で2番目に低い。人口5万人の街でどんな事情があったのか。

市長は強気「保護費受け取ってパチスロ直行まずい。保護制度の信頼取り戻す」

   市議会に提出された福祉給付制度適正化条例案」には、「給付された金銭を、パチンコ、競輪、競馬、その他の遊戯、遊興、賭博等に費消し、その後の生活の維持、安定向上を図ることができなくなる事態を招いてはならない」「パチンコなどで過剰な浪費を行っている受給者を目撃したら、市民および地域社会の構成員は速やかに市にその情報を提供するものとする」とある。さらに、市民による通報制度に実効をもたせるため、市は通報を受け付け調査する警察OBを中心とした「適正化推進員」を配置、その上部組織として、専門家を集めた「適正化協議会」を設けて違反した受給者を指導するという。

線引き難しい

   そこで蓬莱市長が条例案を提出したそもそものきっかけが面白い。「昨年秋ごろ(2012年)、市役所内を歩いていると生活保護費が支給される日でザワザワしていた。そのなかで『きょうどこへいく?』『パチスロに行くか』という話が当たり前のように交わされていたんです。これでは生活保護に対する信頼感が薄れるばかり。信頼度を上げなければと思ったんです」と話す。

   問題の監視制度については、市長は「監視ではなく『見守り』ということで、論ずるより行動、まずはやってみなはれ」だという。

「近所の人じゃなければわからない。実効性ない」と市民

   監視と見守りの違いはよく分からないが、市民の反応は冷ややかだ。「近所の人だったら見分けがつくが、他の人だったらぜんぜん分からない。規制するといってもできないんじゃあねえ」

   キャスターの小倉智昭「文化的最低水準の中に娯楽は入らないのか。どこで線を引くのかが難しいし、やむにやまれず受給している人たちを見張るという姿勢がおかしいと思う」 コラムニストの深澤真紀も「地域に困っている人がいないか見守るべきであって、悪い人がいないか見守るのは市民の義務ではないですね」と切り捨てた。

   厚労省が11日(2013年3月)に公表した生活保護の不正受給額は、2007年の92億円から11年には173億円と2倍近くに増え、過去最悪という。それにしても、生活保護制度の信頼感が薄れたからといって、いきなり市民による監視は性急過ぎないか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中