2018年 7月 18日 (水)

小林よしのり「剛力彩芽の人気は捏造ではない」と反論

印刷

   漫画家の小林よしのり(59)が「週刊文春」に掲載された記事に激怒している。

   記事には女優の剛力彩芽(20)の人気は捏造されたものであり、ファンなどは見当たらないと書いている。小林は、この記事はデタラメだとし、「わしは明確に剛力の大ファン!」と憤った。

清楚な雰囲気と演技にはいつも感心している

   問題の記事は「週刊文春」2013年3月21日号の「人気捏造アイドル剛力彩芽はスターになれない」というタイトルで、コラムニストの今井舞が執筆している。

   記事によれば、剛力は芸能史上初の完全捏造型人気タレントで、業界全体で人気者にすることが決定していて、ベストメガネドレッサー賞などうさん臭い賞を総なめしている。メディアが「人気者」だと取り上げるため、多くの人はそう認識してしまうが、実際に「剛力が好きか?」と聞くと、殆どの人は「別に・・・」と答えるだろう。こういう「ゴリ押し」は芸能界を矮小化させる悪しき習慣になりつつあり、

「人気捏造なんてする暇があったら、こっちがグウの音も出ないような美少女を、足が棒になるまで探して来い」

と結んでいる。

   これに対し小林は、13年3月15日付けのブログで、「デタラメだ!」と反論。

「わしは明確に剛力彩芽の大ファンだ!」

と書いた。剛力主演のフジテレビ系ドラマ「ビブリア古書堂」も毎週見ているし、剛力の清楚な雰囲気と演技にはいつも感心している。西洋型のマネキンのような美形ではなく、個性美があるから好きなのだそうだ。

「全く主観的な決めつけで、バッシングする心性が、最近のネトウヨみたいで不愉快だ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中