キム・ヨナ強いなあ…浅田真央を一蹴!難易度低いジャンプで確実に得点

印刷

   因縁の対決が戻った。フィギュアスケートの世界選手権(カナダ)最終日の注目は、女子のフリーのキム・ヨナと浅田真央の対決だった。同い年の22歳、勝った負けたを繰り返してきた2人だが、バンクーバー五輪で金、銀となって以来、2年ぶりだ。でも、キムは強かった。

ショートプログラムで抜群の安定性

   キムはバンクーバー後、国際大会から姿を消していた。ここへきてようやく復活したが、 ショートプログラム(SP)から安定感は抜群だった。余裕で首位のキムに対して、 浅田は6位と出遅れ。それをフリーで追い込む「いつもの」展開になった。しかし、浅田は序盤のトリプルアクセルでつまずき、完璧とはいい難い滑り。それでも、後半の演技は貫禄で、6年ぶりに自己ベストを更新する健闘を見せ3位になった。会見でも「とても充実したシーズンを送れた」とさわやかだった。

オリンピック楽しみ

   キムは過去最高だったバンクーバーのポイントに迫る218.31で、2位に大差をつけての優勝だった。2位は 昨季優勝のカロリナ・コストナー(イタリア)、日本の村上佳菜子はSPで3位だったが合計では自己最高の4位 だった。

ソチオリンピックの出場枠「日本は男女とも3人」

   この2年間のキムの動静はよくわからないが、浅田は今シーズンは5戦5勝だった。難度の高いトリプル・アクセルへのこだわりがあった。難易度の低いジャンプでまとめるキム・ヨナとの対比は、バンクーバーと同じだった。いってみれば、器械体操とバレーだ。フィギュアはやっぱりバレエなのでは?

   この大会で日本は上位2人の順位合計が男女ともに13以内で、ソチ五輪出場枠を最大の3つ獲得した。

   司会のみのもんた「じゃあ、ソチオリンピックは楽しみですね」

   高畑百合子アナ「はい、6人ですからね」

   みの「私はけっこう見るんです」

   これに高畑が「ケケッ」と笑ったのはどういう意味か。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中