なりすましツイッター被害続発!ヤメさせるには米国本社に英語で申請して3週間

印刷

   世に連れて変わるものは多いが、嫌がらせや中傷の手段もかつての電話やFAXからインターネットが主役。なかでも「スッキリ!!」が近ごろ注目しているのはツイッターの「なりすまし」被害である。

   ツイッターは古くから有名人になりすます行為が知られていて、最近は内川聖一選手なども被害にあったそうだが、一般人のなりすましも続発している。名前や写真である人物を騙り、周囲の人間の悪口を書いたり、自分は不倫をしている、カンニングをしたなど、反モラル行為、違法行為を自慢するようなことをつぶやく手口だという。

確認作業、IDのファックス送信…とにかく煩雑な手続き

   被害者がこうしたなりすましをやめさせたいと思っても、ツイッターの場合、対応は米国の本社のみがすることになっており、まずは英語で申請などをしなければならないという。

殿様商売

   実際になりすまし被害にあったという人物が語ったところでは、申請後にツイッター側による確認作業が行われ、自分のIDをFAXで送るなどの手間がかかり、アカウント凍結までは3週間も要して、その間も被害が続いたという。

   こうした点については、「子供もツイッターやってるぐらいだし、ツイッター社も真剣に対策してもらわないと。英語で(申請)出してくださいって、そんな殿様商売じゃ、やってらんないですよ」(キャスターのテリー伊藤)とツイッター運営側に厳しいコメントが聞かれた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中