宇都宮餃子ディープな世界…目がテンの「こんな食べ方があったのかあ」

印刷

   木曜日のメイン「JAPAなび」で俳優の勝村政信が出掛けたのは、栃木・宇都宮だ。さすが餃子の街だけあって、勝村はここで餃子の奥義、ディープな食べ方に遭遇することになった。宇都宮放送局の越塚優アナによると、「宇都宮市内には約300店の餃子店があります。それぞれの店が独自のアイデアと工夫で凌ぎを削っています」という。

   餃子の皮に蕎麦やよもぎ、梅を練り込んだものがあったり、明太子とチーズを乗っけためんたいチーズ、カレー餃子丼なんていうのもある。地元新聞に勤めるこの道20年、1日1食は必ず餃子を食べるという藤平直之さんの案内で「宇都宮流餃子の食べ方」を案内してもらった。

「ダブル水」って? ラー油も使うのは「ジャリジャリ」

   藤平さんが出掛けたのは「宇都宮みんみん」という老舗店だった。まだ午後3時というのに、店内はほぼ満席だ。ここで藤平さんは「ダブル水(すい)を3人分」と注文した。

   勝村「えっ、いまなんて言ったの」

   藤平さん「ダブル水です。焼き餃子2皿、水餃子1人前という意味です」

   焼き餃子が3皿欲しければ「トリプル水」だ。藤平さんは時に、「トリプル、ダブル、ダブルの7皿いきます。具に野菜が多いので、女性でもダブルはペロリですよ。ただ、ごはんは食べません」と話す。

   ラー油の使い方にも宇都宮流がある。「瓶の底に溜まったジャリジャリした部分をすくいあげて小皿に取り、焼き餃子の腹の方に塗って食べるんです。ラー油の上に浮いた油を避け、たれにも溶かしません」(藤平さん)。やってみた勝村は「焼き目カリカリは残り、裏目がツルツル。理にかなってる」

水餃子はつぶして食べろ!

   極めつけは水餃子の食べ方だ。水餃子に藤平さんは醤油と酢をかけ回した。さらに焼き餃子で使ったたれとジャリジャリも投入する。これで水餃子のスープに味付けするというのはわかったが、その直後に藤井さんは思わぬ行動に出た。中の餃子を箸でつぶし始めたのだ。水餃子の丼の中はひき肉とワンタンスープ状態になった。

   勝村「酸っぱさがあって、ワンタンのスーラー(酸辣湯麺)みたい。これいける」

   勝村はスープも残さずに完食した。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中