寂しい!楽しみだった江角ママの庶民派レシピ…31年続いた料理番組枠終了
<笑顔がごちそう ウチゴハン>(テレビ朝日系)

印刷

   パパ(山口智充)とママ(江角マキコ)と子供たちの4人家族が、ウチでゴハンを作って食べるという設定のお料理番組で、子供たちは今のニイナとジュンヤが3代目になる。パパとママはどこから見ても純日本人なのに、ニイナがハーフなのは「どういうこと?」と、当初は気になってしょうがなかったが、毎週見ているうちに違和感がなくなってきたと思ったら、今回が放送の最終回だった。
   この日は、番組お馴染みの中華の五十嵐美幸シェフと和食の笠原将弘をゲストに、過去に放送したレシピから、真似したいものやアレンジを加えた新しい料理を披露した。最後はいつものようにママが作った料理をみんなで食べて、和気藹々のまま番組が終了した。番組終わりに、「きょうで最後です。今までありがとうございました」という挨拶はあったにせよ、6年続いた番組の最終回にしてはあまりにも淡々としていて、寂しい限り。
   最高級の食材を使って一流シェフが腕を振るい、それをグルメ自慢の有名人が評価する「料理の鉄人」の終了はざまあみろだが、「あすの晩ゴハンに作ろうかな」と思わせる簡単なレシピを紹介してくれる庶民派の終了は、残念でならない。
   新番組は「相葉マナブ」という嵐の相葉雅紀の番組になる。「料理バンザイ!」から31年間続いた料理番組枠はこれで消えてしまう。来週から日曜よる6時に何を見ればよいのやら。(放送2013年3月24日18時~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中