おなかぽっこりが1日5分でへこむ「ドローイン」客室乗務員も搭乗前に実践

印刷

   けさ27日(2013年3月)もこれまでの放送から反響が大きかったもののダイジェスト版で、「春休みスペシャル おなか&脇腹ぽっこり撃退大作戦」だ。昨年9月11日に放送の「ドローイン」というエクササイズを復習した。これを実践すれば、誰にも気づかれずに「おなかぽっこり」を解消できるという。

背中、お尻、かかとを壁につけ息を深く吐く

   航空会社の客室乗務員の女性たちも乗務前に「ドローイン」をやる。スタイル維持のためだ。ドローインとはどんなものか。日本医科大学の高井信朗教授が伝授する。

「初心者は壁を使うと分かりやすいです。背筋を伸ばして、頭と肩とお尻とかかとを壁につけて息を深く吐き、お腹をへこませます。最初は下腹はへこみませんが、ヘソの上側をへこませると、下もつられてへこでいきます。この運動を5分から10分、1週間やれば効果が出ます」

   了徳寺大学の岡田隆講師によれば、ドローインを会得して散歩や買い物に取り入れれば消費カロリーが40%アップして、軽いジョギングと同じ効果になるという。「その時のポイントはお腹に手を当てて、ドローインでお腹が小さくなっいるかどうかを確かめながら歩く事です」

   ドローインはお腹を意識してへこませることらしい。

10日でウエスト2センチ減った

   脇腹ぽっこりもすっきりさせることはできる。「両手を頭の上で合わせ、お腹をへこませて、息を吐きながら体を横に倒します。息を吸いながら戻して、今度は反対側に息を吐きながら倒します。筋肉は引っ張られると収縮しやすくなります」(整形外科医の中村格子さん)

   これをマスターできたら、今度はつま先立ちでやるようにする。2人目の出産後お腹ぽっこりが気になっていた櫛部真梨子さんは、ドローインを10日間続けたところ、ウエスト周りが80・5センチから78・5センチと2センチも縮んだ。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中