2022年 9月 29日 (木)

Zeebra「日本のプールでキャップ被るのみんな同じに見えてキモい」に非難殺到

モータースポーツの世界観を表現した『ECB-2000』

   ラッパーのZeebra(41)が3月26日(2013年)、娘とプールに遊びに行った際につぶやいた、「ホテルの屋内プールなう。日本のプールって衛生面とか保護を理由にキャップ被らされるとこ多いけど、外国のプールでそういう経験した事ないなー。風呂文化の影響だとは思うが、気にし過ぎじゃね?皆同じに見えてキモい。北朝鮮みたい」というツイートがプールを利用するならルールを守れ、とツイッターユーザーから批判を浴びている。

   ユーザーから「悔しかったら自分の家にプールを作りなさい。作れないなら黙ってルールに従いなさい」など厳しいコメントが寄せられたが、Zeebraも「うるさい」と応戦している。また「機械に髪の毛が入って故障するのを防ぐためだよ」という指摘には、「そっか。じゃあ外国のプールは故障しないんだね」と引かない姿勢だ。

   当初から、「娘とプールで遊ぶ約束してしまったので泣く泣く被ります」と水泳キャップを被ることを明らかにしていたが、非難が収まらず、「被りたくないって言っただけで、ルールはちゃんと守ってるっすよーwつぅことで期待にお答えして…w」と黄色い水泳キャップを被った笑顔の写真を掲載した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中