日ハム大谷翔平「二刀流」賛成67%!元選手や評論家「投手やってからでも遅くない」

印刷

   今冬は寒さが厳しかったが、暖かくなると一気に5月上旬の陽気まで温度が上がり、桜が満開になってしまったから、さまざまなことをゆっくり思い出している暇がない。先週半ば、井の頭公園近くの花を愛で、土曜日は新宿御苑、千鳥ヶ淵と回って夕刻、隅田川の川沿いで夜桜見物。日曜日は中野通りの桜を観て、新井薬師を参拝して近くの公園で花見の小宴をもった。

   月曜日は江戸川橋公園の神田川沿いの桜を肴に花見で一杯。火曜日は中野哲学堂、水曜日は四谷から市ヶ谷にかけての土手の桜を楽しんだ。まだ、八芳園、飛鳥山、六義園にも行きたいし、根津神社からほど近い立川談志師匠のお墓参りをかねて、門前にある桜を見たいと思っている。ああ忙しい。

長嶋茂雄以来のスター性に「プロ野球人気復活」の期待

   いよいよ球春。今シーズン最大の話題は日ハム大谷翔平選手の「二刀流」である。『週刊文春』はメルマガ読者に「二刀流は是か非か」というアンケートをとった。すると67%が賛成だったという。オープン戦で、投手として最速157キロを出し、特大ホームランをかっ飛ばし、守っては外野からレーザービーム送球とくれば、期待しないほうがおかしい。

   だが、投手一本でやって、ダメになったら打者になればいいという意見も多いようである。投手からバッターに転向した権藤博(74)はこういう。

<「高校生で百六十キロ出せる投手がどこにいるんですか。まずは投手一本ですよ。二刀流自体は簡単なんです。ただし、両方やって一流になれるかが問題。野手なんて投手崩れで十分。投手から野手に転向して大打者になった人はたくさんいる。能力があって何でもできるから投手をやり、それができなくなって野手になるんです」>

   王貞治しかり、イチローだって投手経験がある。スポーツジャーナリストの二宮清純氏もこう語る。<「これまでも投打の両方ができる選手はいましたが、大谷の場合、投げて沢村賞、打ってホームラン王を狙える大器です。実力、話題性ともに申し分なく、国内のトップクラスが海を渡る中、日本球界の救世主になれる存在です。今はモラトリアムの状態。問題は締め切りをいつに設定するか、その時期でしょうね」>

   長嶋茂雄以来のスター性を持っていると期待される新星。ほかにも阪神タイガースの藤浪晋太郎投手、巨人の菅野智之投手など、楽しみな新人が今年は多くいる。WBCの無様な敗戦はあったが、今年は久しぶりに枝豆とビールで野球観戦といきますか。

菅野美穂がほだされた堺雅人の口説き術「褒めて褒めて褒めまくり」

   春になったせいかお目出度話が相次いでいる。だいぶ前にTBSの看板アナだった青木裕子アナが「ナインティナイン」の矢部浩之との結婚準備のために退社したと書かれたが、ようやくゴールインした。交際3年だそうである。

   このところ女子アナが辞めるケースが増えているが、一番の理由は会社に対する不満だという。かつて『週刊ポスト』でTBS社員が語っていた。<「馬車馬のように働かされて、それでも給料は安くなる一方。労組と会社がもめて、冬のボーナスが越年するなんて年中行事になってますから」>

   デパートガール(古いね~)、スチュワーデス同様の道を女子アナもたどるのか。

   先週は菅野美穂と堺雅人の結婚で賑わった。週刊文春によれば、菅野の母親は1か月前にこう取材に答えていたそうである。<「もう歳だからいい方がいれば連れてきてほしいですけどね。あの子は男っぽいから男性は近寄りがたいんじゃないですかね‥‥」>

   交際期間わずか3か月。映画「大奥」で共演し、堺が猛烈にアタックして急接近した。堺の父親は宮崎県で介護関係の自営業をしていたが、9年前に東京に出てきて鳩山会館の警備をやっていたそうだ。早稲田大学在学中から劇団「東京オレンジ」の旗揚げに参加し、『早稲田のプリンス』と称されたが、有名になるまでの道のりは遠かったようである。

   堺の口説く術は「とにかく褒めて褒めて褒めまくること」(ドラマ制作関係者)だそうだ。堺は菅野のどこに惚れたのだろうか。ドラマ制作関係者が聞いたところ、「雰囲気です。特に肌質がとてもいい」と答えたそうである。

   堺39歳、菅野35歳。何となくうまくいきそうな気がするカップルだ。

中国がひた隠す「エイズ蔓延」公式数字78万人。実態はその10倍か?

   『週刊現代』はあまりもアベノミクスを煽りすぎたと思ったのか、今週の巻頭は「中国と日本『宿命の対決』」と目先を変えてきた。相も変わらずの中国叩きではあるが、ちょっと前に尖閣問題で中国と日本がもし戦わば「日本が勝つ」と威勢がよかったが、今週は「『尖閣で開戦』日本は負ける」と弱気になったのはどうしてなのか。

   米中首脳会談でTPP参加を安倍首相が表明したことを、3月18日の中国国営新華社通信は、こう厳しく批判したそうである。<「TPPは単純な経済協定の枠を超え、政治的軍事的領域に拡張されている。アメリカと日本は、TPPという名を借りて、アジアの経済を一体化させ、地域の主導権と発言権を掌握しようとしている。それによって中国の影響力を抑え込み、各国の中国依存態勢をストップさせる。そして中国包囲網を敷き、中国を混乱させ、中国の東アジア戦略を壊滅させようということだ」>

   さらにPM2・5ばかりではない巨大な脅威が日本を襲うというのである。<「エイズ禍拡大です。UNAIDS(国連合同エイズ計画)およびWHO(世界保健機関)と中国当局の合同調査では、中国のHIV罹患者とエイズ患者はあわせて78万人とされていますが、これでも信じられないほど控えめな数字。英TIME誌は累計800万人と推測しています。

   なにしろ売春婦が1000万人と推定される国なので、ありえる数字でしょう。その売春婦がすでに日本に大挙してきてあちこちで営業しています。非衛生だが、格安ということで、利用する向きが多い。あまり騒がれていませんが、日本ではHIV罹患者がじわりと増えている。中国の影響で、拡大する恐れもあるのです」(評論家・宮崎正弘氏)>

   郵便ポストが赤いのも式の中国バッシング記事だが、このように日本人の中の反中国感情を煽って、その先に何があるというのであろう。それよりもいまメディアがやるべきは、安倍首相よ、いますぐ習近平と会って胸襟を開いて語り合えと訴えることではないか。

秋篠宮佳子さま「派手系女子大生」目尻に黒ラインの目ヂカラで大人の印象

   このところ皇太子妃雅子さんの話題が多かったが、ようやく皇室にも次世代のスターが出てきたようである。週刊文春は「秋篠宮佳子さま 美人過ぎる皇族の奔放な学園生活」という特集を組んだ。タイトルだけを見ると『不敬』な感じがするが、内容はさほどでもない。

   3月22日、秋篠宮家の次女・佳子さん(18)が学習院女子高等科を卒業された。ネットでは彼女の画像を集めた「ファンサイト」も存在するそうである。皇室担当記者も高校生になってからの彼女をこう評している。<「目尻に黒のラインを入れ、二重瞼を強調したデカ目メイクで目ヂカラも強い。眉は少し細すぎる気もしますが、すっかり垢抜けて大人びた印象」>

   学園祭では「KYS(キス)」というグループを組み、ジャズダンスやヒップホップなどのダンスを披露したそうである。4月からは学習院大学に新設された文学部教育学科に進まれる。ここは主に小学校の教員免許取得を目的にしているそうで、その1期生になる。

<「かつて、佳子さまが悠仁さまのお世話をする様子を表現して、美智子さまは誕生日文書で『小さなおかあさん』と仰いました。また、秋篠宮家のご知人によれば、『悠仁さまに対してときには厳しい姉の表情をお見せになる』こともあるそうです。身近にいる悠仁さまの存在が、子供の教育に興味を持つきっかけになったのかもしれませんね」(千代田関係者)>

   皇室にも新しい風が吹いてきたようである。

日本の技術力はスゴイ!中国・アジア系カップルが土産にする「アダルトグッズ」

   蛇足だが、ポストに女性用TENGA「iroha」が成田空港のドラッグストアでバカ売れという記事が出ている。

   何でも中国人などアジア系に人気で、若いカップルが買っていく「人気みやげ」になっているそうである。

「中国のアダルトグッズはすぐ壊れるので、日本の製品をみやげにもって帰ると友人に喜ばれるんですよ」(中国人留学生)

   日本の技術力はまだまだ健在のようだ。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中