レンタカー激安時代「10分刻みで100円からOK」異業種から続々参入

印刷

   「いったい何のお値段でしょう」と司会のみのもんたが見せたボードには「10分100円、3時間を超えると30分100円に…」とある。正解のシートを剥がすとレンタカーとあった。レンタカーもいまや激安時代なのだという。若者の車離れもあって車もガソリンも売れず、中古車販売業者やガソリンスタンドが考えた苦肉の策がこの商売だった。

「車が売れない。ただ置いておくより乗ってもらえばレンタル料入る」

   東京・日本橋の「100円レンタカー」店の店先風景―。飲食店経営の女性が来店して、「30分お願いします」と300円を払う。「八百屋や銀行を回りたいので」という。男性客は友人とキャンプに行くとかで2泊3日借りる。料金はクルマだけだと1万800円だ。

このお値段です

   100円レンタカーをはじめたのは「カーベル」という車販売会社だった。「とにかく車が売れないんですよ。そこでまずは乗ってもらうことで、車になじんでもらおうということなんです。置いておくのと違ってレンタル料も入ってきますしね」(伊藤一正社長)

   全国の中古車販売会社からフランチャイズの申し込みが殺到していて、全国で214店を展開している。

12時間で2525円!いまや車は買うより借りろ

   ガソリンスタンドも激安レンタカーに進出をはじめた。「ニコニコレンタカー」のフランチャイズに参加している主にガソリンスタンドは、創業4年で1000店にもなった。料金は12時間2525円と大手の半分である。横浜のENEOS仲町台SSは「ガソリンの利益率が下がっていますから経営の多角化を図らないとやっていけません」という。売り上げの18%がレンタカー部門だという。

   岡安弥生キャスター「レンタカー事業への異業種参入は中古車販売やガソリンスタンドだけでなく、街の電器屋さんなんかもいます」

   たしかに、車の維持費はガソリン代だけでなく、車検、保険、税金、駐車場代とずいぶんと負担が大きい。年間にすれば数十万円になるだろう。必要なときだけ借りるというのは賢い。

(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中