北朝鮮「一人相撲の戦争宣言」日本侵略軍配置図・米本土攻撃計画のお笑い

印刷

   このところやたら過激で挑発的な北朝鮮が、深夜の作戦会議の映像とやらを見せてくれた。金正恩第1書記と軍参謀とおぼしき姿の後ろには、いろいろなものがあって楽しませてくれる。本物なのか、ただの宣伝道具なのか。CGより手間がかかることだけは確かだ。

ブッシュ元大統領地元も攻撃目標!何年前の話だい?

   おととい30日(2013年3月)の朝鮮中央テレビは、「南北関係は戦時状況に入った」と特別声明を発し、「侵略者、挑発者は1人残らず灰燼に帰すだろう」などと吠えた。きのうは党の中央委総会で金が「核兵器による武力強化」を宣言し、労働新聞は「横須賀、三沢、沖縄」と名前を挙げて攻撃圏内であると威嚇した。

面白い写真

   一連の挑戦的な発言は、米韓合同軍事訓練への反発と見られるが、とくにアメリカがステルス爆撃機B2を参加させたのが北の神経に障ったらしい。特別声明でも「軍事的挑発を起こすなら、全面戦争・核戦争へと広がる」ととにかく勇ましい。

   その前日に公開された、金正恩が参加した「緊急作戦会議」という写真が面白い。略章べたべたの将軍とおぼしき軍人が金を取り囲んでいる。その背景が凝っている。朝鮮半島・日本の地図が張ってあって、タイトルはハングルで「日本侵略軍配置」とある。在日米軍基地に印がついている。別の角度の写真のバックは「アメリカ本土攻撃計画」だ。

   コメンテーターの前田典子(モデル)が「見せてもいいんですか」「わざとかどうか、本来は機密情報ですよね」と苦笑する。地図に引かれている直線は、どうやら大陸弾道弾(ICBM)の軌道らしく、到達先は米本土のワシントンDC、ハワイ、カリフォルニア、テキサス州オースチンだったという。オースチンはブッシュ元大統領の地元だから、攻撃図を作ったのはだいぶ前のことか。

   さらに、別の表も見えていて、「潜水艦40隻、上陸艦13隻、掃海艦6隻、補助艦船27隻、飛行機1852機」などと読める。

   前田が「どれだけサバ読んでいるのか」

   青木理(ジャーナリスト)「(実数は)韓国より少ないんですよ。だから本当かどうかわからない。もともと朝鮮戦争は休戦状態だから、相手は国連軍、実質は米軍だから、こういうのがあっても不自然ではない」

金正恩はiMac愛好者らしい

   小松靖アナはまた別角度の写真を出して、「こちらに注目してください」と指したのがコンピューターだった。「あれだけアメリカを非難しながら、アメリカ・ アップル社製のiMacなんです。北の軍の最高の機密が扱われるようなところに、iMacというのも興味深い」

   司会の羽鳥慎一「いろんな見方ができる写真だな」

   石原良純(タレント・気象予報士)「写真を撮るための写真か。実際の緊張の度合いはどうなのかな」

   青木「チキンレースみたいになっているが、狙いのひとつはアメリカ向けのメッセージ、もうひとつは国内向けで、軍の統制のために敵を強調する面があると思います。偶発的な衝突を警戒した方がいいが、韓国によると軍は動いていない」

   羽鳥「正恩氏がいってるのか、周りがいってるのか」

   それすらよくわからないが、20代後半の若造が軍人相手にピストルの撃ち方を指導しているのだから、やはりどうかしている。きょうも最高人民会議があるという。また、何か吠えるのだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中