国民栄誉賞に人気取り効果なし!歴代内閣支持率いずれも下がりっぱなし

印刷

   元巨人監督の長嶋茂雄氏と元大リーガーの松井秀喜氏が国民栄誉賞を受賞することが決まったが、異論を差し挟む人はそうはいないだろう。だが、なぜ今のタイミングなのかと疑問に思う人は少なからずいるようだ。2人への授与を決めた安倍晋三首相は「長嶋さんは何といっても戦後の最高のスーパースター。本来であればもっと早く決定、申請すべきだった。松井さんは日米で最優秀選手になり、日米でともに愛された選手です」と理由を語った。

遅すぎた長嶋茂雄、早すぎる松井秀喜

   長嶋といえば、なんといっても1959年の阪神タイガースとの天覧試合で放った9回裏のあまりにも劇的なサヨナラ本塁打が思い浮かぶ。松井は2009年にヤンキースの一員としてワールドシリーズに出場、日本人として初のMVPに選ばれたことだろう。

存命中に

   いずれも国民栄誉賞を彩るにふさわしい名場面であり、実績だ。しかも、2人は師弟関係にあり、松井は昨年末(2012年)の引退会見で20年間のプロ生活で最も印象に残ったこととして、長嶋と2人で素振りをした時間だったと述べていた。ダブル受賞はおめでたいことだ。

   だが、今回のタイミングについて「長嶋さんには遅すぎ、松井さんに早すぎる」という街の声があったが、キャスターの小倉智昭も「長嶋さんにはあげるタイミングを逸してしまっていたと思いますね。あげそびれていましたというのが正直なところじゃないですか」と推測する。

期待できない「参院選プラス効果」

   リポーターの田中良幸が政治評論家の有馬晴海に聞くと、「やはり参院選までの政治利用、人気取りの材料ではないか」という。そこで過去の国民栄誉賞と内閣の支持率の関係を調べてみると、麻生太郎首相のときの森光子さん、鳩山由紀夫首相のときの森繁久弥さん、菅直人首相のなでしこジャパン、野田佳彦首相のときの吉田沙保里さん、いずれも支持率は上がるどころか下がり、菅、野田首相はそのまま退陣となっており、国民栄誉賞の効果は期待できそうにない。

   小倉「最初に松井さんを決めて、だったら、お師匠さんの長嶋さんもということになったようですが」

   笠井信輔アナ「大鵬さんの受賞の時に、やはり存命中に差し上げるのが一番いいのではないかという意見が多くあったと聞きました」

   コメンテーターの宋美玄(産婦人科医)「ただ、阪神ファンとしては微妙なものがあるので、安倍内閣の人気につながるのかどうか、微妙だと思いますけど」

   5月5日(2013年)には松井の引退セレモニーが予定されている。背番号の「55」と合わせたようだが、小倉は「支持率が55パーセントに下がらないことを祈りたいものです」とまぜっ返した。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中