「人狼」芸人集めてテレビでやることか!フジ目に余る手抜き「修学旅行の夜のゲーム」でお茶濁すな
<人狼~嘘つきは誰だ?~>(フジテレビ系)

印刷

   いま流行っているゲーム「人狼」を8人のタレントを集めてやっていた。ルールはこうだ。プレイヤー8人の中の2人が人狼、6人が市民になる。人狼は互いが人狼だということを知っているが、市民は誰が人狼なのかわからない。また、市民の中に人狼かどうかを毎夜一人ずつ占う占い師、ひと晩に一人だけ人狼の襲撃から守ることができる「騎士」がいる。
   この日のプレイヤーは、おぎやはぎの小木と矢作、光浦靖子、フットボールアワーの後藤、狩野英孝、クリス松村、吉木りさ、杉村太蔵だ。第1バトルの役職決めで、「人狼」になった光浦が普段見せないおどけ顔をしたため、矢作に「光浦のキャラであんな顔はしない。人狼になったに違いない」と見抜かれてしまう。また、杉村が「自分は市民だ」と変に強調したため、疑惑の目が一斉に注がれ、最初に追放されてしまった。おしゃべりで誰が「人狼」なのかを探り合い、投票で追放者1人を決定し、第1夜のターンで「人狼」が「市民」を襲撃というお遊びだ。
   いくら流行っているとしても、こんな修学旅行の夜にやるようなものを公共の電波に乗せてやるべきなのか。テレビはとうとう自分たちの頭でゲームを企画する能力もなくなった。(放送3月27日0時45分~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中