評判がた落ちジャスティン・ビーバー!乱暴運転注意したご近所にツバはき暴言

印刷

   カナダ人ポップシンガー、ジャスティン・ビーバー(19)がトラブル続きだ。自宅のある高級住宅地で愛車フェラーリを猛スピードで運転し、文句を言った隣人に唾を吐きかけ暴言を吐いたとして起訴されそうになっている。また、お騒がせ女優ローハンに「僕は成功者で、(税金を払うのに窮する)リンジーのような負け犬とは違う」という書き込みをInstagramに載せ、さすがにマズいと思ったのか、すぐに書き込みを引っ込めたが、リンジーはカンカンになっている。

   ドイツのミュンヘンの空港では、通関に提出する書類が不備だったことからペットのサルが拘束される羽目に。

ネットでは「グリーンカード取り上げカナダに帰せ!」

   次々に起こる騒動や思い上がった言動に、ネットではジャスティン・ヘイター(ジャスティン嫌い)が急増中だ。「可哀想なサルの代わりにビーバーを拘束し続けるべきだ」「グリーンカードを取り上げてしまえ!」といったバッシングの書き込みで溢れ、好感度急落にマネージメントサイドも手を焼いているようだ。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中