中華街「謝甜記」納得のアド街6位!直行開通ですでに2回堪能
<出没! アド街ック天国 横浜 中華街>(テレビ東京系)

印刷

   埼玉県から横浜の元町・中華街まで一本で行けるようになってから、物見高い筆者は既に2回も中華街に中国粥を食べに行ってきた。そう、有名な粥の専門店、謝甜記(しゃてんき)へである。だから、今回のアド街が中華街特集なので、目玉ギロギロしなから見たら、やっぱり。ベスト20の中の第6位に謝甜記が入っていたのだぁ。

   司会の愛川欽也の横に座っていた大江麻理子アナが、今週で最後、ニューヨークへ異動になるので、もっと大袈裟なセレモニーがあるかと思っていたら意外とあっさり。筆者はあまり彼女に関心がなかったのだが、夕刊紙などでは、「美貌が拝めなくなる」と異動について大騒ぎしている。蓼食う虫もさまざまだ。ゲストは中華街の特集だけで過去に何回も出た峰竜太など、相変わらずくすんだ人選だが、逆にケバくなくていいともいえる。出てくる店が主人公なのだ。

   第1位は予想通り、聘珍樓や萬珍樓などの超有名店。そりゃそうだろう、中華街のお偉方を敵に回しては今後商売できなくなるので、テレ東も悩ましいところである。これらの店が不味いという意味では決してないが、知られざる穴場の紹介が少ないように感じた。

   また、週刊文春が大特集をやっている、日本向け中国食材の有害物質について、まさか、中華街で取り扱っているとは思えないが、一言でも完璧な安心食材を使っているとの言及をしてほしかった。そうでなければ、折角の交通至便にも今後、影をさすではないか。(放送2013年3月30日21時~)

(黄蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中