ディレクター昇格望まないAD増加!責任重く仕事はきつい…VTR作りで3食とも弁当

印刷

   15分だけ寝かせてください。そう言いたくなるような天気が続く。春だからではない。テレビのディレクターはとにかく眠い。番組が企画され、放送されるまでにはすごく時間がかかる。わずか12分のVTRを作るために、編集所で30時間以上も缶詰で働くこともある。

   海外ロケだと、帰国便の中でパソコンで編集をしなくてはならない。座席はエコノミー。疲れているにもかかわらず、13時間のフライト中に窮屈な空間でカメラからデータを取り込んで編集をしていく。このラフ編集をオフライン編集という。これをプロデューサーがチェックする。

   再度編集して編集所でエンジニアがついて編集をするのがライン編集だ。映像に加工を加え、音を整え、テロップを入れていく。この作業は30分番組でも12時間はかかる。その後、BGMを入れナレーションをつけ、細かな確認や変更作業をしてVTRができ上がる。おおざっぱに言うとこんな感じでテレビ番組のVTRは作り上げられていく。

海外ロケでは機内で編集作業。プロデューサーのダメ出しでイチから作り直し

   ある海外ロケ番組で、プロデューサーが別番組で忙しく、オフライン編集を見ていなかった。それでも、もうエンジニアをつけて編集段階に入らないととても間に合わない。スタジオ収録は2日後。同時進行でやっていかないとスタジオ収録でVTRを出すことはできない。時間との追いかけっこが続く。朝の4時にスタジオに入って、夜9時には完成品としてプロデューサーに見せるつもりでやっていた。

   ところが、そのプロデューサーからのダメ出しで、VTRをイチから作り直すことになった。プロデューサーも付き合い、素材探しから始まり、もう1本別のVTRを作るような作業になった。これにはエンジニアもうんざり。休みなくひたすら働きっぱなし。目も疲れるし腰も痛い。食事も3食とも弁当という仕事だ。けれど誰もがスペシャリスト。文句を言う人はおらず、黙々と作業が再開された。

   毎回こうではないけれど、けっこう体力と精神力を要する仕事である。AD時代から鍛えられ、いつしかこの環境が苦ではなくなり、当たり前のことと思っているから誰も根を上げない。

給料上がらなくても今のままでいい。嫌になったら「はい、さようなら」

   最近はディレクターになりたがらないADが増えている。昔から離職率は高いけれど、経験を積んだADでもディレクター昇格を望まない人が少なくない。テレビディレクターは以前は花形だった。けれど不況続きで、ディレクターになれたとしても今と状況はあまり変わらないことに気が付き、しばらくはADでいるほうがいいと思うようだ。給料に差は出てくるけれど、番組の責任を負わされ、仕事はきつく、とてもじゃないけど精神が持たないというのも理由らしい。

   彼らの夢は、ディレクターになって高視聴率番組で汗水たらして働くことではない。ADでやるだけやって「はい、さようなら」。別の仕事に転職でもするかといことらしい。これは彼らに夢を抱かせられなかった先輩たちの罪なんだろうか。でも、これだけ大変で、これほどやりがいがある仕事もなかなかないとは思うのだけれど。眠い頭でぼんやりとそんなことを考える。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中