元フジ長谷川アナ「ネタでボケのつもりだった」加藤アナからかって釈明

印刷

   元フジテレビの長谷川豊アナ(37)は、前回のブログで加藤綾子アナに「もっと頑張れよ」などとからかうような書き込みをしたことについて、「不用意で言葉足らずでしたね。ほとんどの人がネタであることはわかってるでしょうが、そうじゃなくて、気分が悪くなった人、謝りますね」と4月7日のブログで釈明した。

   加藤アナのブログより閲覧数が多かったとして、「退職した男性アナに、人気NO1女子アナが負けてどうする?」などと書いていた。

   加藤アナをいじめるなと批判を浴びたと明かし、「長谷川の中で、完全にボケのつもり」「今後は後輩をいじるのはやめるようにしないとね(←反省中)」という。

   また、加藤アナの思い出として、飲み会で悪口を言われている先輩アナをかばう一幕があったと語り、「普通、1年目なんて、もっと先輩にビビってるぞ。真っ直ぐ。そんな言葉がぴったり」「これからも応援してあげてください。とても優しい子です。いや、ほんと」などと持ち上げた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中