高橋みなみ22歳誕生日「総監督の1年。メンバーじゃなくスタッフだった」

印刷

   「AKB48」の高橋みなみが、22歳の誕生日を迎えたと、4月8日(2013年)のブログで報告した。高橋はこの1年間を「やり残した事は何もない。やるべき事はやったつもり」としながら、「どこか私は大事な事を忘れていたのかもしれない」と振り返っている。

   高橋は2012年8月からAKB全体を束ねる「総監督」を務めている。総監督として「これを皆に言って スタッフさんには、これを言って 次は何をする こんなんじゃだめだ ミーティングしましょぅ」と、メンバーとスタッフ間の折衝を繰り返すうち、ある時期から「私はメンバーじゃなくスタッフになっていた」と葛藤を述べている。

   高橋は3日にソロデビューした。グループではなく1人で活動する中で、「最初はとても不安だったけど どこか楽しんでる自分がいた」といい、グループでも「楽しまなきゃ」と思ったという。この1年は原点回帰し、「皆がビックリするくらい自由に楽しむんだ」と意気込んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中