小泉今日子いつもチャーミングの秘密「人は老いるのでなく進化するんじゃないかしら?」
<あさイチ>(NHK)

印刷

   この日のプレミアムトークのゲストは、連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロインの母親、天野春子役を演じている小泉今日子だった。番組ではアイドル時代の映像や、尖がっていた時代を象徴するアイドルらしからぬ全身黒塗りやなすびの着ぐるみ姿の雑誌の表紙など懐かしさ盛りだくさん。
   メインはもちろん「あまちゃん」で、ドラマの見どころがたっぷり紹介された。ヒロインのアキ役の能年玲奈や脚本の宮藤官九郎がVTRでメッセージを寄せた。クドカン曰く「僕の脚本の足りないところを小泉さんが補ってくれる。僕の台詞のまま勢いだけで話すと抒情がないけど、その裏にあるものをお芝居で表現してくれる。さすがだなと思いました」
   「僕の脚本の足りないところを補ってくれる」とは、なんと謙虚か。撮影現場に乗り込み、演技指導までした「純と愛」の脚本家とは大違いだ。クドカンのこの言葉を聞けただけでも、番組を見てよかった。
   番組の最後、視聴者からの質問に答えるコーナーで、「老いが怖い。どうしたらいいか」という質問に小泉は、「老いではなく進化。人が生まれて死が完成形だとすると、そこに行きつくための進化であって老いではない」というようなことを語っていた。そういう考え方もまたかっこいい。巷では「キョンキョン老けたなあ」という声も聞かれるが、そんな雑音など気にせず、進化し続ける小泉に期待。(放送4月5日朝8時15分)

(白蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中