叱っても褒めても育たない新人社員…上司の7割「ノミニケーション誘いにくい」

印刷

   ガツンと言いたいけどなかなか言えない。「真相チェイス!直撃御免」コーナーで、新入社員との関係に戸惑う上司たちの姿を荘口彰久リポーターが取材した。

   東京・新橋の飲み屋街の中年サラリーマンは、「自分の上司は10歳年下。でも、話をするときはいつも敬語。ちょっと、いいかなという呼びかけから始まります」と話す。別の中年サラリーマンは「上司の威厳を見せようとしても、今の若い人には通じない。なかなか難しい」と嘆く。

「ガツンと言いたいが、すぐ辞めちゃうからね」

   荘口は職人技が求められる足立区の自動車販売・修理会社に向かった。この春に入社した瀧口和也さんを指導するのは、技術部門責任者の稲積作美さん(57)だ。稲積さんは「私たちの若い頃は、先輩から手を上げられて仕事を覚えたものでした」という。ならば、稲積さんも瀧口さんに時には手を上げることもあるのか。タイヤのホイル付けに手間取る瀧口さんに我慢できなって大声を上げるが、その直後に2人は休憩室いき、稲積は「作業手順は家に帰ってからも復習してよ」と諭した。稲積さんは「(瀧口さんに)残って欲しいですね。若い人はちょっと大声を上げると辞めてしまう人が多いから。我慢の2文字ですね」と語った。

サラリーマン文化

   ソーシャルマーケティングなどいまどきの会社はどうなのか。新人の新井正貴さんは灘高から東大へというエリートだ。指導する石井泰輔さん(42歳)は高卒でこの道20数年というベテランシステムエンジニアである。新入社員についての社内打ち合わせで、石井さんは「技術的な問題で彼とぶつかることはないと思う。でも、お客さまをいかに喜ばせるかでぶつかるかもしれない」と話した。

新人のホンネ「上司と飲みに行きたい」

   メインキャスターの小倉智昭「入社式後の歓迎会で、新入社員に上司や先輩がビールを注いでいるのに注ぎ返さないんだよ。ちょっと信じられないね」

   荘口「あるアンケート結果によると、上司は新入社員を飲みに誘いたいが、誘いにくいと答えた人が7割もいました。逆に、飲みに誘って欲しいという新入社員は8割近く。双方が望んでいるのに、実際は杯を交わしながら上司と部下の関係を作っていくというのが薄れているようです」

   小倉「ノミニケーションの文化がなくなりつつあるのかな」

   コメンテーターのデーブ・スペクター(テレビプロデュサー)は「日本のサラリーマン文化は独特で、昭和的でいいと思う。でも、個人主義の広がりで希薄になっているのではないですかね」

   カミナリ課長や鬼軍曹が威厳を誇示する時代は終わりつつある。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中