2021年 11月 28日 (日)

本屋大賞「海賊とよばれた男」直木賞より素晴らしいと百田尚樹

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   全国の書店で1年間に発売された本の中から、客に薦めたい作品を書店員が投票で選ぶ「2013年本屋大賞」が9日(2013年4月)に発表され、百田尚樹著「海賊とよばれた男」が決まった。本屋大賞は今年で10回目で、598人の書店員が1次審査に参加して11作品がノミネートされ、さらに書店員307人の2次審で「海賊とよばれた男」が選ばれた。

出光興産創業者・出光佐三モデルの伝記風歴史小説

   最近は直木賞受賞作でも5万~10万部の売れ行きに留まっているのに対し、本屋大賞受賞作は30万部も売れたものもある。今や「本が最も売れる文学賞」といわれている。受賞の挨拶に立った百田も「始めていただいた賞で、直木賞よりはるかに素晴らしい。文学賞で最高の賞です」と我が田に水を引く。

   「海賊とよばれた男」は、出光興産の創業者・出光佐三をモデルにした伝記風歴史小説だ。受賞前にすでに41万部を突破する売れ行きで、受賞でさらに32万部の増刷が決まっている。百田本人は「今回は絶対に取れないと思っていました。本屋大賞に投票してくれる書店員は6対4ぐらいで女性が多い。作品はガチガチの硬派で女性が全く出てこないんです。出てくるのはオッサンばかり。女性票は獲得できないだろうと…。ところが、結果は女性書店員が相当入れてくれたんです」と話す。

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中