2020年 9月 21日 (月)

橋下市長「やっぱり朝日は許せん」和解した去年の記事で損害賠償請求

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

「口うるさい政治家には触れるな」メディア萎縮の心配

   1度和解したにもかかわらず、遡って慰謝料を請求できるのかという疑問について、プライバシー侵害に詳しい落合洋司弁護士は「いったん成立した不法行為を謝ったからといって、遡って違法性がなくなるわけではない。違法性があるということになれば、損害賠償を命じられることになるはずだ」といっている。

   スタジオではメディアと政治家の関係が話題になった。司会の小倉智昭は「橋下さんの話でわかるのは、加害者と被害者の立場はずっと変わらないということ。たしかにそうかなと思うが、加害者の配慮は続いて当然となると、メディアは橋下さんをあまり糾弾できなくなるということが生まれてくる」と心配する。キャスターの笠井信輔アナがこれを受け、「私たちマスコミとしては、いろいろ口うるさい政治家がいるからあの人には触らないようにといった姿勢はとってはいけない。正すべきは正すという姿勢を貫いていく必要はありますね」と述べていたが、その正論、貫いてほしいものです。

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中