アントニオ猪木は紳士!「叩き上げ対談」神の手医師との奇想天外な組合せ絶妙
<SWITCHインタビュー・達人達 アントニオ猪木×天野篤>(NHK・Eテレ)

印刷

   ロングロング顎~の格闘家・アントニオ猪木と、天皇陛下の玉体(!)にメスを入れた心臓外科医の天野篤を対談させるとは、Eテレもやるじゃん。およそ奇想天外な組み合わせである。番宣によると2人とも叩き上げの人生という共通項があるので選ばれたとか。アントニオ猪木はブラジル移民で、空手チョップで大スターになった力道山が、ブラジルに興業に行った時に、まだ子供だが物凄くガタイの大きな猪木を見つけて日本に連れ帰ったのだそうだ。
   一方の天野教授は東大病院の医師団から乞われて天皇の手術スタッフになり一躍有名になったが、実は東大出身でもなく大学受験には失敗ばかりで3年も浪人し、無事医者になってからもあちこちの病院をドサ回り、だが、その間にしっかり手術の腕を磨いたのである。今は毎日、朝から晩まで手術手術の日々で、病院に泊まり込むことも多々ある。殺風景な手術室の模様は過酷さを垣間見せる。
   億単位の借金を抱えたこともある猪木が、およそ知的世界とは無縁の人かと思っていたが、意外に洗練された人柄で、言葉遣いも丁寧、長い間人の上に立っているのは理由があるのだと納得できた。ボクシングもレスリングもK1も、格闘技はみんな苦手な筆者から見ると、何が楽しゅうてあんなことを商売にするのか理解に苦しむが、部下の人が頭がよくて根は優しいと言っていたから、生い立ちが職業選択に影響しているのかもしれない。好対談であった。(放送2013年4月6日22時~)

(黄蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中