美脚・スリムに見せる「柄パンツ」はきこなし3か条!体型に自信ない女性向き

印刷

   街で柄パンツの女性が目立つ。流行しているのだ。取材班は2時間で20~70代まで76人を見つけた。「1本はくだけでワクワクします」「ちょっと気恥ずかしかったけど、春ならありかなと。思い切って買いました」。ピンクの花柄パンツの50代女性は「ちょっと躊躇しましたが、エイッと思って」と話す。

   しかし、柄パンツを敬遠する声もある。「太く見えそう」「パジャマっぽい」「スタイルが良くないと似合わない」などだ。そこで美脚・スリムに見せる柄パンツはきこなし術を紹介した。

大柄、長め、柔らかい生地…全部NG

   体型をカバーするデザインも増えている。同じ花のプリントでも、腰から膝までの柄は大き目で、膝から足首は小さめの柄だ。こうすることで足が長く見えるのだという。また、内股と外股のステッチ部分に暗い色を配し、腿の真ん中部分は明るくすることでほっそり見せる。

   ファッションジャーナリストの宮田理江さんが柄パンツの選び方を伝授した。「3つの注意点があります。1つ目は小さくてハッキリしたプリントを選ぶ事です。2つ目は足首が見える丈を選ぶ事、その方が足が長く見えます。3つ目はしっかりした生地を選ぶです。柔かい生地だとリラックスしすぎた感じになってしまいます。

   センタープレスのあるパンツは保護者会やビジネスなど、キチンとした所でも合いますね」

   柄パンツは柄に目がいってごまかされるので、体型に自信のない女性にこそおすすめだという。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中