松本人志「果汁0・002%オレンジジュース」ってなに?OMOJANやっぱり面白いけど心配あり!
<おもしろ言葉ゲーム 春のOMOJAN祭り2013>(フジテレビ系)

印刷

   半年ぶりに放送された「OMOJAN」は1時間のスペシャルバージョン。松本人志、さまぁ~ず三村、大竹といういつものメンバーに加え、第1戦は竹中直人&貫地谷しほりの映画チーム、ピース又吉&ハライチ澤部の「ピカルの定理」チーム。第2戦は綾小路翔とおぎやはぎ矢作がゲストだった。
   「OMOJAN」とは、60個の言葉が書かれたバーを5人で分け、親が出したお題のバーと、自分の手持ちの言葉を組み合わせ、誰が最も面白い言葉を作りだしたかを競う言葉遊び。言葉のセンスが問われる知的ゲームなのである。
   第1回戦のお題は「水」。この前後にもう1つ言葉をつけ加えて、面白言葉を作るのだが、たとえば松本の場合は「の恐れあり」を選択し、「水の恐れあり」という言葉を提示した。「オレンジジュースかなあ。果汁が0・02%くらいしか入ってないんですよ。出荷の時にもう水になってるかも…」などともっともらしい注釈を加えるのだが、そのあたりの話術もポイントになる。ちなみに第1回戦のベストOMOJANは竹中・貫地谷チームの「あからさまに水」だった。
   久々に見た「OMOJAN」はやっぱり面白い。といっても夜中にひっそりと見るから面白いのであって、間違ってもゴールデンに持ってこないことを祈る。半年に1回、3か月に1回、深夜にやるのがちょうどいい頃合いだ。(放送4月11日0時59分~)

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中