秋山成勲「慕っていた先輩だけに悲しい」ファイトマネー横領被害

印刷

   柔道元日本代表で、総合格闘家の秋山成勲(37)は、ファイトマネーが横領された事件で、「今回の容疑者逮捕の報道(業務上横領事件)を受けまして、自分が被害に遭っていたのは事実です」と4月16日(2013年)のブログで認めた。

   逮捕されたのは秋山のファイトマネー管理会社の元副社長で、銀行口座から計1355万円を引き出したと報道されている。「格闘技を始める前から信頼を寄せ、慕っていた先輩だけに大変悲しく思います。今後の事は弁護士の先生にお任せしてありますのでこれからも変わらず応援して頂けたら幸いに思います」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中