福山雅治やっぱり強い!月9ドラマ「ガリレオ」22・6%の絶好調スタート

印刷

   福山雅治主演で15日(2013年4月)から始まったフジテレビ系「ガリレオ」(月曜よる9時)が、最近の民放の連続ドラマとしては珍しく22・6%と高い視聴率を叩き出した。瞬間最高視聴率は福山が事件のトリックを明らかにする10時7分のシーンで、25・3%を記録した。

   ここ数年のドラマ1回目の放送では、2008年の「ごくせん」(日本テレビ系)26・4%や09年の「MR.BRAIN」(TBS系)24・8%があるが、20%超えは11年の「JIN-仁-」(TBS系)23・7%、「南極大陸」(TBS系)22・2%以来だ。「ガリレオ」は07年放送の続編で、前回の全10回平均視聴率は21・9%だった。これを上回りたいというのが、福山ら出演者、スタッフの目標となる。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中