高校生・米倉涼子ひと肌脱ぐ!「ベンジョメシ」「スクールカースト」なんとかしなきゃ
<35歳の高校生 第1回>(日本テレビ系)

印刷

   視聴率をもっている女優ナンバーワンとの称号をつけられた米倉涼子が今度は日テレにお出ましだ。それも「オバサン」と呼ばれる年代の高校生である。ははん、高校生の中の外には見えにくい様々な問題を探るためらしいなと見当は付くし、事実、教育委員会の人間(渡哲也)と曰くありげなシーンも出てくる。密命探偵の役か?
   昼時にトイレでたった一人、「ベンジョメシ」と呼ばれる孤独な食事をしていた同じクラスの長谷川里奈を、苛められているのではないかと関わるようになった馬場亜矢子(米倉涼子)は、里奈がリストカットしていることも、学校で除け者にされていることも親には言わず、親夫婦の不仲も自分のせいだと思い詰めていることを知り、一肌脱ぐために立ち上がる。
   担任教師の小泉純一(溝端淳平)は亜矢子より年下なのでソリが合わない。孤軍奮闘で学園改革に乗り出す彼女の孤独な闘いが見ものになるのだろうが、米倉はブスッとしてぶっきら棒な性格に設定されているので、「ドクターX」の時のような颯爽感がなく、今のところ面白いドラマの要素は少ない。ただ、次回以降に出てくる「スクールカースト」(クラスの人間をランクで分けること)など、今時のクソガキたちの生態が、リアリティをもって描かれてゆけば、見てみたい気もする。それにしても、メールで悪口の一斉送信とか、今の子供たちはツールを与えられすぎていて、親は大変だろう。(放送2013年4月13日21時~)

(黄蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中