民主化カリスマと現実路線の板挟みスー・チー女史―軍部接近に国民に失望感

印刷
「信念をもって自らの力で道を切り拓くのです。たゆまない努力、それが人生なのです」

   来日中のアウン・サン・スー・チー女史が番組キャスターの国谷裕子にこう語った。自らの人生を振り返るとともに国民に向けた叱咤激励とも受け取れる。

   ミヤンマーで民主化への闘いに半生を捧げてきただスー・チーが政治家になって1年たった。ミャンマーの民主化はまだ始まったばかりだが、いま大きな壁に直面している。立ちはだかるのは議会で圧倒的多数を占める軍人と与党だ。スー・チーが政治家として国の姿を大きく変えるには、こうした権力に接近し交渉によって変えていくしかない。

   しかし、スー・チーが現実路線を選択し始めたことへの批判が国民から出始めている。冒頭の言葉は、そうした国民の批判に対する答えでもあるのだろう。

議会議席わずか6%の弱小野党の党首

   「ビルマ建国の父」といわれたアウン・サン将軍の娘が、半世紀続いた軍事政権によって3度にわたり自宅軟禁された期間は延べ15年になる。海外で暮らす夫や子どもたちに会うことができないという犠牲も伴った。ようやく軟禁が解かれ外出や発言が自由にできるようになったのは2年半前である。昨年(2012年)はじめて国会議員になり、最大野党の国民民主連盟(NLD)党首として活動している。

   ただ、民政に移管し発言が自由になったとはいえ、国会の議席の4分の1は無条件に軍人に割り当てられ、軍事政権とつながりが深かった与党が圧倒的議席を占める。NLDはわずか6%に過ぎない。

   ミヤンマーの憲法を民主的なものに変えたいというのがスー・チーの大きな目標だが、そのためには2年後の選挙で自ら率いる党が勝利し、大統領として国づくりの舵取りを担いたいという意欲を持っているという。国谷の問いに答えたスー・チーの国の将来を切り拓こうとする信念は、ゆるぎないもののように見える。

―ミヤンマーの民主化は進んでいると考えますか。

「議会改革という意味では大変満足しています。議会で起こっていることはテレビ放送され、透明性が高まっていますからね。人びとが議会を批判できるようになり、議会の動きも早まりました。でも、本当の改革とは国民の生活が変わることで、それはまだ実現できていません」

―本格的な民主化のためには、いま以上に権力を委譲するように軍を説得する必要がありますが、どのような戦略を立てているのでしょう。

「私は軍に対して権力を委譲するよう求めているわけではありません。軍としてより価値のある役割があることを理解して欲しいということなんです。頼りにされ、信頼され、愛される軍ということです」

―2015年には選挙があります。憲法改正に必要な議席の確保を目指していると思われますが、目標を達成できる見通しはありますか。

「今の憲法は世界でもっとも改正が難しい憲法だそうです。改正のための条件がこんなに厳しいものは他にありません。かりに私の党が軍以外に割り当てられた議席のすべてを獲得しても、残り4分の1は軍人です。選挙に勝つだけでなく、軍の支持を得ることが大事なのです」

「国の発展のためには何よりも国民の和解と協力が必要なんです」

   圧倒的に不利な現実のなかで、スー・チーは現実路線を選択した。軍事パレードを見学し、軍の幹部に接触したり軍事政権下で利権を独占してきた財閥にも接近したりして、国の発展に力を貸して欲しいと協力を呼びかけた。そうした現実路線に、国民からは軍寄りの立場になるのではないかと危ぶむ声も上がり始めている。

   ―軍に接近し交渉するためとはいえ、あまりにも譲歩しすぎて自身の理念まで犠牲にしているのではないかという意見があります。それでも協力の重要性を繰り返し訴えていますが、どういう考えで協力が何より重要だと言うのでしょうか。

「この国のより良い未来に大切なのは国民の和解、協力だと言ってきました。共通の願いや目標に向かって協力することです。これは決して変わりません。常に私を導く理念でした。何もかもこちらの欲しいものを手に入れるということではありません。相手の立場を理解し、両者が新しい状況で何かを得るということです」

スー・チーのこんな言葉が印象に残った。

「この国には交渉を通じ歩み寄る文化がまだ根付いていません。これまで、この国は勝つことが良いことと考えられてきたからです。ですから、人びとには、ただ勝てば良いのではなく、どのように勝つかが大事だと言っています。どのように勝つかがとても大事なのです」

政治とは現実と向き合うことだ。民主化運動のカリスマだったスー・チーが現実路線を歩み始めたことへの反発をどう説得するのか。新たな壁が立ちはだかっている。

モンブラン

NHKクローズアップ現代(2013年4月17日放送「『一人一人が勇気を』スー・チー氏からのメッセージ」)

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中