苫米地英人「オセロ中島の連絡窓口をつとめます。あくまでボランティア」

印刷

   認知科学者の苫米地英人(53)は、元「オセロ」の中島知子(41)の連絡窓口を務めると4月17日(2013年)のブログで発表した。中島を診断したのがきっかけで、「ご本人より、次の事務所等の配属が決まるまで、当面の期間、連絡窓口をして欲しいと依頼され、一昨日、これを承諾いたしました」という。「これはあくまで当面のボランティアであり、業務として行うものではありません」と強調した。

   これまでも苫米地は、「現在、中島知子さんにベストなのは、社会復帰に向けて、周囲が優しく見守るということです」など診断についてブログに書いていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中