NHK大河で埼玉など3県知事が要望「『木曽義仲と巴御前』作って」

印刷

   埼玉県の上田清司、富山県の石井隆一、長野県の阿部守一の各知事は18日(2013年4月)、NHKの松本正之会長を訪れ、大河ドラマの「招致活動」を行った。平安末期の武将・木曽義仲は埼玉県嵐山町出身といわれ、長野県の信濃で育ち、平家討伐のために富山と石川の県境の倶利伽羅峠を越えて京都に入る。史実かどうかはともかく、倶利伽羅峠の合戦では牛の角にたいまつを付けて平家を破ったエピソードで知られる。その妻の巴御前のも男勝りの女丈夫として芝居などにも登場する。

   3知事らは義仲の上洛ルートは2年後に開通する北陸新幹線(長野―金沢)とも重なり、話題性は高いと売り込んだ。今年の大河「八重の桜」は視聴率はともかく、観光波及効果は抜群で、会津はこのゴールデンウィークは観光客が殺到しそうだという。

   でも、木曽義仲じゃあ「大河の主人公」としてはちょっと苦しくないかなあ。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中