Nスペ「世界初の生きたダイオウイカ映像」に科学ジャーナリスト賞

印刷

   科学記者や研究者で作る「日本科学技術ジャーナリズム会議」の2013年「科学ジャーナリスト賞」が決まった。3件の受賞作品の中に、今年1月13日(2013年)に放送されたNHKスペシャル「世界初撮影!深海の超巨大イカ」が入った。受賞者はNHKエンタープライズ自然科学番組エグゼクティブ・プロデューサーの岩崎弘倫氏だ。

   深海の怪物といわれるダイオウイカを追ったドキュメンタリーで、最大で18メートルのもなり、クジラとも死闘を繰り広げる。ただ、深海1000メートルに生息し、これまでちぎれた足などは発見されていたが、生きている姿の記録はなかった。これをNHKは各国の研究者とチームを組み、発光生物やフェロモンでおびき寄せて撮影を試みた。宿敵といわれるマッコウクジラに小型カメラを取り付けるなどして、ついに世界で初めて生きたダイオウイカの撮影に成功した。放送直後から反響は大きかった。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中