「茶畑地滑り」強雨で崩落拡大の危険!大木も根こそぎ落下、川せき止め

印刷

   きのう23日早朝(2013年4月)、静岡県浜松市天竜区の茶畑で起きた地滑り現場に田中良幸リポーターがいた。「私が現場近くに入ったのはきのうでした。目の前で大木が根こそぎ崩落した土とともに落ちていくのを目撃しました。天竜地区はけさから雨が降ったりやんだりが続いていて、いまも崖の上からパラパラと岩石や土が崩れていく音が聞こえます」

   崩落は幅80メートル、高さが90メートルにわたって、刃物で削ぎ落としたように崩れていた。

50メートルプール20杯分の土砂

   茶畑農家の男性は「3月の20日過ぎぐらいに茶畑の中を通っている作業道に幅数センチぐらいの地割れが走っていたんです。この地割れは何かと思っていたら、山崩れの前兆だったのでしょうね」

用水路使えない

   山形大学・奥山武彦教授に崩落の原因について、「もともとの地盤に問題があったのではないでしょうか。それと豪雨などの悪天候と崩落は密接な関係があります」と解説する。田中大貴リポーターは「崩落した土砂は約5万立方メートル。横20メートル縦50メートルのプール20杯分の土が押し流されました。日本では年間約200件の山崩れが起きています」と説明する。

雨水含んで崩落両側40メートルにも亀裂

   崩落のすぐ下には川が流れていて、土砂によってせき止められる恐れが強まっている。静岡県は近くに仮設の用水路を作り、そちらに流す作業を進めている。

   メインキャスターの小倉智昭「仮用水路をもっと下に作れなかったのかな。そんな崖近くではまた大規模崩落が起きたら、その用水路は使えなくなってしまう」

   田中良幸が現場から「崩落現場の崖の両サイドの幅40メートルぐらいに亀裂が走っています。崩落した斜面もきのうは茶色っぽい色でしたが、きょうはたくさんの水分を含んだのか黒く変色しています」と伝える。

   現場付近は今晩にかけて強い雨が降るという予報だ。さらに大規模に崩落して、民家が巻き込まれるということはないのだろうか。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中