GW中国旅行それでも行くなら「鳥インフル」ここに気をつけろ!

印刷

   中国で鳥インフルエンザ(H7N9)の感染が拡大している。山東省でも23日(2013年4月)に36歳の男性の感染が確認された。3月31日に人への感染が確認されて以来、中国では2市5省で死亡者22人、感染者109人に達した。

発表よりずっと多い感染者「発熱あるが咳・タンない」

   鳥インフルエンザ研究センターの大槻公一センター長は、中国が発表している109人の感染者について、「感染者というよりも重症化した人だろう。軽症者や症状が出なかった人はもっといるはずです。中国は発表しないから…」と不気味な推測をする。

中国はデータ出せ

   司会の加藤浩次「どんな症状なのですか」

   大槻センター長「われわれはこのウイルスの抗体をまったく持っていないので、これまでのインフルエンザに比べはるかに怖い。伝え聞きたところでは、発熱はあるが、咳や痰はほとんどなく、年齢を問わず重症の急性肺炎にかかり死亡しているようだ」

「マーケットに近づくな」「帰国したら徹底洗濯」

   これまでのところ人から人への感染は確認されていないが、大槻センター長はこのゴールデンウィークに中国への旅行者が、注意すべき点をあげた。「中国では生きている鳥を扱っているマーケットには絶対近寄らない」「帰国してからは、衣服やバッグにウイルスが付着している可能性があるので、洗剤でよく洗濯すること」だという。

   コメンテーターの宮崎哲也(評論家)「中国政府に感染者全体のデータを出してもらわないと、重症化率とか致死率が分からない」

   キャスターのテリー伊藤(タレント)「出す国じゃないですけどね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中