こんなところになぜ?東名高速・防音壁すき間に首なし死体―死後10年。性別不明

印刷

   東名高速道路の高さ6メートルの防音壁の上部から性別不明の頭のない遺体が見つかった。道路側の防護壁と裏側のスレート板の外壁との間はわずか17センチで、その間に遺体があった。自分でよじ登ったにしては狭すぎるし、わざわざこんなところに死体を遺棄するとも考えにくい。

壁裏側にゴミやペットボトルの生活痕跡―ホームレスか?

   死体が発見されたのは22日(2013年4月)で、神奈川県川崎市の東名高速道路・東京料金所近くの上り車線の防音壁だった。33年前に設置された防音壁の劣化が進み、張替え工事中に作業員が見つけた。作業員は「布に包まれた骨が見え、獣ではないという感じで警察に報告した」という。

隠れ家

   警察によると、遺体は白骨化して死後10年以上たっているという。頭がなく性別不明で、セーターとズボンを着用し、靴は履いていない状態だった。

   警視庁の江藤史朗・元警視は「他殺による死体遺棄なら穴を掘って埋めればいいこと。他殺の可能性は非常に低い」と見る。リポーターの阿部祐二によると、防音壁裏側は立入禁止になっているが、遺体のあった付近の敷地にはペットボトルやポップコーンの空箱、空缶が散乱しており、誰かが生活していた痕跡があるという。阿部が取材をすすめると、ここに人が住んでいたという情報のほか、2年前に人の頭だけが発見されたという。

すき間17センチ…どうやってよじ登ったか

   発見された遺体その頭部が同じ人かどうかは捜査を待つしかないが、キャスターのテリー伊藤は「ホームレスが居心地よくて、隠れ家のような感じで住んでいた。面白がって登ったんじゃないか」という。

   しかし、隙間はわずか17センチしかない。面白がって登るにしては狭すぎる。そこで江藤はこんな推測をする。「何らかの障害から逃れるために動いた可能性が高いですね。相当、慌てて急いで登り、胸部圧迫なり動けなくなって死の原因につながった」

   悪ガキの『オヤジ狩り』に追われということもあり得るということか。そもそも、何者なのだろう。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中