2022年 7月 1日 (金)

<空飛ぶ広報室>
今が旬の綾野剛と新垣結衣で自衛隊宣伝ドラマ?透けて見えるアベノポリティックス怖い

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   これって自衛隊の宣伝ドラマなの? 航空自衛隊広報室が舞台の青春ドラマだけど、全部がまるごと航空自衛隊の広報活動みたいだ。ドラマ中で広報室キャップの一佐・鷺坂(柴田恭兵)がいみじくも「TVドラマの災害救助場面に自衛隊ヘリが3分間(正確なセリフはちょっと忘れたが)映ったら3億円の広告効果だ」と言うが、全部だったらいったいいくら? スポンサーの日本生命、花王、サントリー、東芝各社さん、ご苦労様。

近ごろ増えてる「制服萌え」女子狙い

   演じる2人の主人公は、今を時めく綾野剛と、キリッと可愛い新垣結衣。最近は制服に萌えるという若い女性も増えているそうだから、綾野剛に制服を着せてアピールを狙ったのかしら。私としては、「萌えるなら佐川急便のお兄さんにしてね」と言いたい。軍服に萌える女の子というと、数年前の8月15日、靖国神社で見た若い女たちを思い出してしまう。

   白い開襟シャツに絣のモンペ姿で、日の丸の鉢巻きを締め、ヘアスタイルは三つ編みのお下げ。昔の女学生よりはどう見ても10歳は年上だったが、なんのつもりか、これまた時代錯誤の兵隊姿で境内を行進しているジイサンや若い男(不思議と働き盛りの男はいない)の後をついてまわったり、頼まれもしないのに参拝に来た老女の手を引いたりしていた。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中