橋下市長も称賛する大阪市職員!溺れた女性助けようと帰らぬ人に…

印刷

   目の前で溺れる人がいたら、あなたは救助の手を差し伸べることができるだろうか。おととい23日(2013年4月)、大阪府此花区の淀川の伝法大橋から区内に住む女性(61)が転落し溺れかかっているのを大阪市環境局職員の橋本健治さん(51)が発見した。橋本さんは「ぼくが助けに行きます」と川に飛び込んだが、2人とも帰らぬ人となった。いつもは職員に厳しい橋下徹市長だが、今度ばかりは橋本さんの行為を「最大の敬意を表したい」と述べた。

同僚「男気のある人。正義感が強かった」

   橋本健治さんは大阪市の環境局で高齢者や身体の不自由な人を手助けするふれあいサービスの仕事を担当していた。おとといの夕方、たまたま自転車で伝法大橋を通りがかった。女性と面識はなかったが、すぐ岸に下りて靴と靴下を脱いで助けに向かった。だが、水深4、5メートルの淀川で女性を救出することはできなかった。2人は急報で駆け付けた大阪市の消防隊員に救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

公務員の鏡

   橋本さんの同僚は「男気のある人。困っている人をみると黙って見ておれない性格で正義感が強かった」という。近所の人たちとソフトボールのチームをつくっていて、仲間の1人は「いったん打ち解けると、とことん面倒みるタイプ」と話す。

労災認定難しいが最大のサポート

   大阪市はこれまで何かにつけて職員の不祥事が話題になることが多かったが、今回の件に関して橋下市長は「息子さんが父親らしいとコメントされていましたが、普段からそういうお人柄だったのでしょうね。最大の敬意と感謝の念を示さなければいけないと思っています。ご冥福をお祈りします」と述べた。

   アナウンサーの田中大貴が補足説明する。「橋本さんは勤務中でも仕事中でもなかったので労災認定は難しいとみられていますが、橋下市長はなんらかの対応ができないか最大限のサポートを指示したといっていました」

   司会の小倉智昭「普通の人は助けたい気持ちはあってもなかなか難しい」

   コメンテーターの為末大(元陸上選手)も「実際に、いざそういう局面になった時に飛び込めるかどうか」

   キャスターの笠井信輔「公務員の鏡のような人だと思うんですよ。だって、市民の命を助けようとしたのですから。そう考えると、職務の一環とみなして家族の生活を支えることをなんらかの形で考えてあげた方がいいんじゃないかと思います」

   大阪にも立派な公務員がいたということだ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中